Twitterのマーケティング成功事例と中小企業が成功するための有効活用方法

  • 2019年9月29日
  • 2021年3月2日
  • Twitter
  • 300view

Twitterを活用して、集客を試みている中小企業は多いのではないでしょうか?

今回は、企業アカウントを活用することでTwitterマーケティングで成功した事例を紹介し、それを踏まえてTwitterで効率よく集客するポイントを5つ伝授しようと思います。

この記事を読んでもらいたい読者

  • Twitterアカウントを開設したものの、思ったほど集客の効果が得られていない方。
  • 社員10〜30名弱の中小企業の方。
  • Twitterを使ってアカウント運用をしている広告担当の方。
  • SNS集客に興味があるが、何から始めたらいいか分からない方。

Twitterの利用者は?

Facebookの国内ユーザー数は4500万人。

各種SNSの中で、LINEに次ぐ国内第2位のユーザー規模を誇っています。

Twitterでマーケティング

マーケティングの観点から言えば、SNSは顧客とつながり、信頼関係を築くメディアです。

  1. 匿名でコミュニケーションできる
  2. 情報共有、情報提供のツール
  3. 時間を割くことを無駄に思わない

元手がかからない、おいしいマーケティングだからこそ、誠実さや時間など、非常に画期的なツール、Twitterは運用コストが低く、マーケティングの予算を大幅にカットすることができます。

うまく有効活用すれば、低予算で企業の知名度を上げたり、新規顧客を獲得したりすることができるので、Twitterの運用を検討している企業は増えてきているみたいですね。

Twitterの一番の特徴はリツイート機能です。

Twitterにはリツイート機能があることから、既に企業のアカウントをフォローしているユーザーにリツイートしてもらうことで、企業に対して興味を持っていないユーザーにも興味を持ってもらうためのきっかけづくりにもなります。

Twitterをロイヤリティの向上や新規顧客獲得につなげて、そこからのビジネス拡大を実現するには、 もちろんクーポンなどの顧客にとって有益なコンテンツを提供することも効果的ですが、

顧客の質問に答えたり、意見を募ったり、「双方向的につながる」コンテンツの増加によって顧客との関係を強固にすることがSNSマーケティングの真骨頂ではないでしょうか。

特に料金のかからないツイートやフェイスブックページの更新に関しては、新規顧客獲得や売上アップを主目的とせず、既存顧客のロイヤリティを高めることに注力するといいでしょう。

Twitterマーケティング成功事例4選とそのポイント

山芳製菓株式会社(@yamayoshiseika

わさビーフというお菓子のイメージキャラクターとして、「さわっち」が採用されています。

単に企業のオリジナルキャラクターを作るだけでなく、キャラクターをアバターとして広報担当者が投稿をするという形が斬新で受け入れられています。

キャラクターを使ったSNS運用はフォロワーに親近感を与えるため、有効な手段としてよく使われるのですが、少し工夫して新しい個性を作り上げてもいいでしょう。

個性的なキャラクターを利用して癒される内容や共感性のある投稿。

SHARP シャープ株式会社(@SHARP_JP)

日系の大手電機メーカー「シャープ株式会社」のTwitterアカウントも参考になります。

ほとんどの企業アカウントは、堅苦しいものやPRの投稿ばかりで味気ないものが多いのでうが、

シャープ株式会社さんのツイートは話題のトレンドにふれた内容や担当者さんの日常的な内容のものが多く、親しみやすいです。

中でも特徴的なのが、他社の企業アカウントや芸能人とコラボしたツイートや、フォロワーとのやり取りも積極的で、心が穏やかになるフレンドリーさが好評です。

  • 他社企業や有名人とのコラボツイートが多くフレンドリー。
  • 話題のトレンドに触れることで、多くのユーザーに認知をしてもらえる。

ソフトバンク孫正義(@masason)

一時期Twitterのフォロワー数第一位にも輝いたことで有名なソフトバンクの孫社長です。

孫社長のアカウントは、何より迅速な対応をすることで信頼感を得たことがフォロワー数アップの大きな一員になりました。

フォロワーからの企画案をもらった時に、孫社長直々に「やりましょう」「検討します」「できました」とよくツイートしては、案件への進捗状況をオープンにしています。

  • スピーディな対応力でフォロワーの信頼感を掴む。

デル法人向けテクニカルサポート(@DellCaresPRO_JP)

PCを始めとしたデル製品に関するカスタマーサポートの窓口として運用しているアカウントです。

PCを扱っていて、使い方が分からない、正常に動作をしないなどといった困った状況は誰しも体験するかと思います。そんな時、製品に関するツイートをしてみると、それに対するリプライがデルのアカウントから送られてきてサポート窓口の存在を認知してもらうことでファンの獲得に効果を発揮しています。

  • ユーザーのツイートにリプライを送ることでアカウントの認知をしてもらう。

中小企業が効果的にTwitter運用をする5つのコツ

#(ハッシュタグ)を使う

ハッシュタグとは、ツイートに関するカテゴリーを分けて、タグ付けすることです。

SNS上で「#◯◯」という表記をよく見かけませんか?

これを使うことで検索しやすいツイートをすることができます。

ハッシュタグをクリックすると、同じハッシュタグが付けられた投稿をまとめて検索することが可能です。

例えば「タピオカ」に関連した商品を販売している場合、投稿に「#タピオカ」というハッシュタグを入れておけば他のユーザーの投稿の中に含まれている「#タピオカ」というハッシュタグをクリックした際に、自社のアカウントの投稿も検索に引っかかります。

活用方法として挙げられるのが、新商品やキャンペーンの情報に特化した運用方法です。

お得な情報に反応するユーザーは多いので、新商品やキャンペーン開催情報などを投稿し、過去にサービスを利用したことがある顧客に会社や店舗の事を思い出してもらったり、サービスをもう一度利用してもらうための宣伝をします。

また、クーポン目当てでアカウントをフォローするユーザーも実際に多く、フォロワーを増やすためにもおすすめです。

Twitterのハッシュタグは拡散の一助としてかなり有効的なのでぜひ利用していきましょう。

投稿時間を決めて、定期的に投稿

投稿に気づいて欲しいターゲット層を狙い、ターゲットがTwitterを開きやすい時間帯に投稿しましょう。

実際にTwitterの閲覧者数が多い時間帯は通勤・通学時間に当たる午前7~8時、休憩時間にあたる昼頃、そして帰宅時間にあたる午後5~7時頃であることが証明されています。

例えば、中高生に向けたツイートをしていきたいのなら、授業中にTwitterを開く生徒は少ないのでその時間帯は控えて、学校の帰宅時間や放課後などに時間を絞って投稿すると、ツイートが認知されやすいです。

ただ、あまりにも更新頻度が多すぎると、投稿を鬱陶しく感じてフォローを外してしまうユーザーもいます。

そのため、大体1日多くても10回以内に投稿を抑え、程よい投稿数でユーザーが求めるような情報を発信しましょう。

リツイートやいいねを狙った投稿をし、拡散してもらう

フォロワー刺さる内容を投稿することで、そのツイートをリツイートしてもらうことで拡散させることができます。

このリツイート機能のおかげで新規フォロワー増加のきっかけにつながり、フォロワーが増大したアカウントはたくさんあるので、投稿内容を吟味してみましょう。

プロフィールを充実させて企業のブランドを定着させる

せっかく効果的なツイートをすることで企業アカウントに興味を持ってもらったとしても、プロフィールの内容が簡素であるとフォローせずに終わっちゃう可能性は大いにあります。

どんな情報を提供するのかがしっかり分かり、プロフィールが充実しているとその企業に対するイメージがしやすいのでフォローしてもらう可能性が高まるでしょう。

一方的にフィードを宣伝で埋め尽くさない

クーポンやキャンペーンを行なって、消費者にとって有益な投稿をするのも効果的ですが、消費者のコメントに反応してみたり、意見を募ったりすることでユーザーとの信頼関係を築き上げることが本来のSNSマーケティングの強みでしょう。

専門家によるサポートも選択肢の1つ

SNSマーケティングの重要性が少しずつ認知されてきてから、TwitterやInstagramを利用して新規顧客やファンの獲得を試みる企業が増えてきてきていますが、実際のところはSNS運用は長期的なスパンで思った以上の労力や正しいノウハウが必要なので有効に活用できていない企業も多いようです。

このような場合は、SNSマーケティングに関する専門知識やノウハウを持っている代行業者に頼ってみるのも一つの手段でしょう。

Twitterの企業アカウントを戦略的に分析、運用、コンサルティングまで行うサービスを利用することで、無駄な労力を省くだけでなく、より効率的な運用を期待することができます。

まとめ

 
undefined
上記に書いたように、Twitterアカウントを運用する上でのコツは効果的だけど、大前提としてTwitterマーケティングは目先の利益を追わず、丁寧に行なっていくことが重要だよ。
 
undefined
質のいいアカウントを運用していかないと、せっかくTwitter運用に時間を割いてもなかなか結果に結びつかないこともあるもんね。
 
undefined
そうだね。効果的な運用をしたいなら、計画性を持って、時間を割くことを無駄だと思わないことだね。
 
undefined
コストカットしてマーケティングできるからこそ、誠実な投稿をコツコツ継続していく必要があるんだね。

 

関連記事

インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

パンダメディアラボを運営する株式会社popteamは、美容室・飲食店・宿泊施設・不動産会社をはじめ、スタイリスト・フォトグラファー・インフルエンサーなどの個人のお客様までインスタグラムマーケティングをサポートしております。

DIGITAL PANDA(デジタルパンダ)で、あなたのアカウント成長を加速させましょう。
累計2,000を越えるアカウントが導入、フォロワー数の増加実績は平均で3.7倍です(6ヶ月利用)。

下記のような課題をお持ちの方は、ぜひご利用ください。

  • インスタグラム運用のコツがわからない。
  • 新規のフォロワーを効率よく獲得したい。
  • 普段の業務が忙しくアカウント運用にかけられる時間がない。

DIGITAL PANDA(デジタルパンダ)は販売パートナーも募集しております。
ご興味がございましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

>インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

デジタルパンダは、フォロワー獲得のためのアクションを自動化し、あなたのインスタグラムのアカウント運用業務を効率化するサービスです。
累計2,000を越える様々なアカウントへ導入し、フォロワー数の増加実績は平均で3.7倍(6ヶ月利用)。高い安全性と多彩な機能を提供し、他のツールからの乗り換えが多いのも信頼の証です。

CTR IMG
////////////////////////////////////////////////// // フローティングバナー //////////////////////////////////////////////////