SNSマーケティング

【飲食店編】インスタグラムやSNSで集客をするためのコツ(ハッシュタグなど)

 

「近所のカフェがインスタ映えで、今インスタで人気!」「インスタグラムの使い方は?」と思われている飲食店経営者の方も多いと思います!

今回は、パンダメディアラボ編集部が、飲食店でインスタグラムをどのようにマーケティングに活かす事ができるのか?について記事にまとめました。

現在さまざまな業態の飲食店が、日本中に67万店舗もあります。また、従業員数は463万人にものぼり、日本の中でもかなり多くの方が働いています。

一方で、日本人の人口は少なくなっており、お客さんになりうる人の数も、やはり競争は激化しているのです。

これまでテレビ広告などのマスメディアや口コミサイトなどの比較サイトを中心に集客が行われていましたが、現在最も盛り上がっている領域はSNS(ソーシャルメディア)と言われています。

その中でも特に、今回はインスタグラムを使った集客について解説できればとおもいます。

インスタグラムで集客できるの?

実際にインスタで集客ができるのか?、どのような使い方をすればいいのかを書かせて頂く前にインスタグラムについて書きます。

インスタグラムのことを知らない人はぜひ参考にしてみるといいです。

インスタグラムとは?

インスタグラムは2010年にできた比較的新しいサービスです。

Instagramは、無料の写真共有アプリケーション。日本では略して「インスタ」とも呼ばれることもある。 コダックのインスタマチックおよびポラロイドのインスタントカメラに配慮してインスタグラムの投稿画像は正方形が基本である。(引用:wikipedia)

インスタグラムの特徴

インスタグラムの特徴は、やはり「画像で伝えられる」のが非常に大きいです。

これまでのTwitterやFacebookのように文章でサービスの良さを伝えることには限界があります

また、Youtubeなどの動画をしっかり撮影しようとすると、かなり時間やお金がかかってしまうのです。

しかし、インスタグラムであれば写真をパシャっと撮影し、次の瞬間には投稿できてしまう手軽さがとっても活用しやすいところです。

インスタグラムは写真を撮影したら簡単に投稿できる。

さらに重要なのは、これは「投稿側が楽チン」なだけでなく、「みる方もパッと見でわかる」というのが重要なところです。

これによって、様々な情報(お店の雰囲気・実際のサービスの良さ・運営している店長や社長の顔や人柄・ライフスタイル・文化)というのが、瞬間的に伝わるのです。

特に若い子では、細かい文字を雑誌や本で読んでじっくりと情報収集するのではなく、パッと見て様々なものごとを判断するのに長けています。

だからこそ、「インスタ映え」という言葉が生まれましたし、インスタグラムが急成長している要因でもあるのです。

インスタグラムはみる方も楽チン。だから流行ってる!

なぜカフェや飲食店の集客に最適なの?

飲食店の集客に最適な理由は、ずばり「見た目」が重要な要因になるからです。

これまでも「見た目」が重要な業界だった!

これまでも、雑誌やテレビなどでカフェやレストランが特集されるときには、

・お店の雰囲気

・料理のおいしそうな写真や映像

・温度や質感を伝える工夫

・おいしそうに食べている人の姿

などが、総合的に判断されて、集客されていました。

この流れとマッチするSNSは、TwitterでもYoutubeでもなくInstagram(インスタグラム)です!

また、これまでの料理や新作の料理をサクッとスマートフォンで取るだけで簡単に投稿する事ができます。

最近のiphoneなどのカメラはかなり良いコンテンツが簡単に撮影できるのでおすすめです。だいたい1分くらいで撮影&投稿できるのが嬉しいですね。

忙しい業界の方でも、簡単に投稿することができる!

無料でビジネスアカウントにすると高度に集客可能!

知らない人も多いですがアカウントを集客に特化したビジネスアカウントというものがあり、この「ビジネスアカウント機能」はなんとインスタから無料でアップデートすることができます。

集客に特化したビジネスアカウント活用がおすすめ!

実は、一般人の方でもビジネスアカウントにすることは可能です。

つまり、お店のアカウントだけでなく、ひとりひとりの店員もビジネスアカウントにして、しっかりと集客に向けてアカウント運用することができるということです。

ビジネスアカウントにすることで、通常であればHPを載せることしかできませんでしたが、「メールアドレス」「電話番号」など、これまで表示されなかったなどの機能の追加することができます。

特に、そういった情報コンテンツを載せられる「ビジネスプロフィール」がおすすめです。

ビジネスプロフィールは様々な情報が載せられる!

ビジネスアカウントにすると、「メールアドレス・電話番号・住所」の登録が可能です。

メールアドレスを登録すると、見てくれた方がメールを送る事が可能になります。また、当然、電話番号を登録したとすると、直接お店に電話をかけることができるのです。

そのほか、住所やお店の予約ページなどに直接誘導する機能もあるので、まずはビジネスプロフィールに変更し、実際に情報を登録して見てください。

例:(美容室の例)LIPPS MENS

飲食店のインスタ活用成功事例

とはいえ、本当にカフェ、レストランなどで集客に成功している事例があるかどうか気になりますよね?

そういった方向けに、全国でインスタグラムを使ったマーケティングを行なっている美容院を集めて見ました!

飲食店のお手本!肉ダイニングらくがきさん

よくありがちなのは、様々なメニューを載せているアカウントですが、らくがきさんはこちらの「ネギ包み牛タン」を前面に押し出しています!

SNSでは「これだ!」と決めた商品を、ゴリゴリと広げていく事が重要です。

View this post on Instagram

大好評の予約限定の元祖牛タンネギ包み1880円(税別)✨✨ 本日も御予約お待ちしております🍖 @julia__0917 a__0917 様の投稿より 肉ダイニングRAKUGAKI 渋谷区神山町17-5アイエヌビル1F ☎︎03-6804-8329 #肉ダイニングRAKUGAKI #渋谷ランチ #ディナー #記念日デート #肉好き女子 #オトナ女子 #女子会 #ファッション #ファッションスナップ #美容day #女子力 #メイク #透明感メイク #オトナ可愛い #お洒落さんと繋がりたい #カジュアルコーデ #美意識 #ヘアスタイル #サラサラヘアー #筋肉女子 #ボディメイク #筋トレ女子 #焼肉 #赤身ステーキ #東京カレンダー #人生にリハーサルは無い毎日が本番だ

A post shared by 肉ダイニングRAKUGAKI (@rakugakishibuya) on

飲食店ではないが必見アカウント fallindebuさん

絶対美味しいレストランや飲食店を紹介してくれる「フォーリンデブはっしー」さんは飲食店必見のアカウントですね!

どんな風に撮影したり、どんな風に伝えると美味しそうに見えるのか?とても参考になります!

View this post on Instagram

合法生肉! 複数店舗ある人気焼肉店【うしごろバンビーナ】では、渋谷店だけ「肉バル」スペースがあり、ふらっと立ち寄って生肉チャージできちゃう隠れスポット🌟 ウニの肉巻き、生肉タルタル(コンビーフ風)などの前菜はもちろん、今はなき鉄板バンビーナの名物トマトすき焼きも、ココだけで復活しているよ😊 黒毛和牛を使った、エスニックという名のガパオライスも斬新だし、ひとり(ふとり)ごはんにもバッチリだね❣️ – #東京グルメ #渋谷グルメ #うしごろバンビーナ #UshigoroBambina #個室あり #焼肉 #肉バル #合法生肉 #和牛ガパオ #オンザライス #牛だけに #モウーたまらん ▼ エリア&ジャンル検索 #フォーリンデブ渋谷 #フォーリンデブ焼肉 #フォーリンデブ肉バル

A post shared by フォーリンデブはっしー (@fallindebu) on

 

 

今をときめくタピオカアカウトの最前線。gongchaさん

2018年・2019年ともっとも流行している食べ物の中に「タピオカ」がありますね。

その中でもやはりトップを走るのがgongchaです。2万5千人のフォロワーがいれば安泰です(笑)

View this post on Instagram

【3周年記念キャンペーンのお知らせ】 . . こんにちは! 今日から始まったほうじ茶ミルクティーはお楽しみいただけましたか?😋 . . この度、9/27をもってみなさまのおかげで3周年を迎えることができました。 . これからも、一杯一杯心を込めてご提供してまいります。 . . そして、日頃の感謝の気持ちを込めて、 ささやかではございますが、 9/27,28,29,30にドリンクをご購入のお客様、 1杯につきポイントカードトリプルポイントプレゼント致します! . . この期間に5杯のご購入で1杯フリードリンクになりますので、とてもお得なキャンペーンです☺️ ※この期間の雨の日ダブルポイントサービスは致しません。 ※国内の全店舗で行います。 . . みなさまのお越しをこころよりお待ち申し上げます。 . #gongcha #貢茶 #台湾茶 #gongchalovers #tea #台湾 #渋谷 #原宿 #表参道 #立川 #お台場 #阿佐ヶ谷 #吉祥寺 #船橋 #ゴンチャ #アクアシティ #ルミネ #アトレ #大阪 #イクスピアリ #タピオカ #新宿 #ごんちゃ #taiwan #池袋 #柏 #天王寺 #横浜 #名古屋 #茶屋町

A post shared by Gongcha_Japan (@gongcha_japan) on

飲食店向けインスタ活用のコツ

このように、インスタグラムを使って飲食店の方々は様々な工夫をして集客を実施しています。

ただ、ほとんどのカフェやレストランでは、SNS運用が正直うまくいっていないのではないでしょうか^^;

よくある飲食店の方の失敗が「とにかくすべてのメニューをあげればいい」と思っていることです。

ずらーっと画像のギャラリーが、メニュー一覧になっており、どれを食べて欲しいのか?なにが一番美味しいのか?などがパッと伝わりづらい事があります。

今の時代は「AといえばBだ!」ときっちり決める事が重要です。(特に有名で無い店舗ほどそのほうがSNSでは一気にバズる傾向があります。)

うちといえばこれ!というものが重要!

なので、まずは基本的なことからSNS集客に向けたコツをお教えします!

プロフィールをしっかり設定する

プロフィールは必ず「わかりやすく」「文字数いっぱい」記載する必要があります。

また、プロフィール画像も、写真もロゴやお店などを適当に写すのではなく、しっかりと考えて記載する必要があるのです。

このあたり、とても適当になっているアカウントが多いので気をつけてください!

プロフィールはわかりやすく文字数いっぱい。

 

プロフィールで最も重要なのは、

・このアカウントは、何のアカウントなのか?

・このアカウントをフォローする価値とは何か?

ということを明確に伝えてあげることです。

 

もちろん、プロフィールが良いだけではフォロワーが増えるわけではありません。インスタグラムは基本、アカウントの良し悪しは投稿の写真や動画、そしてストーリーなどで判断されます。

プロフィールをしっかり記入すると良いことが2つあります。

1つ目が、「どんなアカウントなのか?」を伝えられる重要な欄なのです。

例えば、お弁当の写真が大量に上がっているアカウントは無数にありますが、それだけでは誰もフォローしたいとは思いません。

しかし、「野球部の母が作る!男の子が喜ぶお弁当をあげています♡」と書いていれば、同じような悩み(男の子が喜ぶ弁当を作りたい!)と思っている母親や女の子の需要を満たして、フォロワー増加につなげることができるのです。

また、2つ目は「実際の集客や購入につなげることができること」です。

特に、良い写真が大量にあがっていて、フォロワーがどんどん増えても、顧客にならないと悩む方が本当に多いです。

一方で、フォロワーがそれほど多くなくても、定期的に顧客として獲得できている方もいらっしゃいます。

その違いは、プロフィール欄で、しっかり「予約方法」や「購入方法」が誘導されているかどうかです。

また、その商品が売れたお金で、より良いことをしている(例えば寄付やボランティアなど)ことがわかれば、より購入をしたくなるでしょう。

そういった、「ぜひこの人から、この商品を買いたい!」と思わせられるプロフィールにしているかどうかで、フォロワー数が少なくても集客につなげることができるのです。

 

美容院ナンバーワンアカウントの、アルバムヘアーのプロフィールが参考になります。

(ビジネス系のアカウントで、フォロワーが39万人は非常に凄いアカウントなのです・・・!)

集客できるハッシュタグのコツ

インスタグラムの投稿には、合計30個のハッシュタグ(#)をつけることができます。

まず、これをめいいっぱいつけてください!30個のハッシュタグをつけて凍結されることなどはありません。できるだけ露出を増やす為に、できるだけ多くハッシュタグをつけてください。

できるだけ多くのハッシュタグをつける!

飲食店でアカウントをお持ちの場合は、新規顧客に対して検索をしてくれそうなハッシュタグを見つけていく必要があります。

よく飲食店のアカウントを見ていて思うのは、「こんなハッシュタグ、誰が検索するんだよ(笑)」というものをよくつけていることです。

ハッシュタグをとにかくつけるだけつけていて、まったくどういうシーンで活用されるハッシュタグなのか意識されていません。

ここでは、必ずユーザーが検索しやすいハッシュタグをつける必要があります。

飲食店がつけるハッシュタグと、検索するハッシュタグは違う。

実際に「顧客を集められるハッシュタグ」。つまり、実際に「検索されそうなハッシュタグ」をつける必要があるのです。

地名+ランチ(ディナー)

「#東京ランチ」「#原宿ランチ」「#表参道ランチ」「#札幌ランチ」など、「地名+ランチ」「地名+ディナー」などはかなり重要なハッシュタグです。

さらに「新宿」よりも「西新宿」など、より詳しい地域にすることが集客のコツです。

投稿が多いハッシュタグではなく、より顧客に刺さるハッシュタグにするようにしましょう。

飲食店は比較的「ざっくりしたハッシュタグ」がおすすめ

基本的に、ハッシュタグはより小さいニッチな領域を狙うようにおすすめしています。(例えば、美容室では「#カラー」だとありきたりすぎるので、「#ブラウンカラー」などより詳しいハッシュタグにしよう、のように)

ただし、飲食店ではユーザーが「ざっくりとしたハッシュタグでの検索」をしているようです。

例えば「#肉」とか「#寿司」とか、もう少しニッチだと「#デカ盛り」とか「#甘党」ですね。

細かすぎると、相手が検索しないハッシュタグなどが多く、最低でも100万人以上が投稿しているハッシュタグを選ぶようにしましょう。

顧客があげやすいハッシュタグを考案する

また飲食店で重要なのは、「どれだけ実際に来てもらった人にハッシュタグをつけて写真を撮影してもらえるか」です。

なので、インスタ映えする商品や、それを食べたならこんなハッシュタグをつけてね!という風な誘導をしっかりとする必要があります。

このあたりは少し専門的な知識や、アイディア勝負なところがあるので、専門家の方と一緒に相談して見るのもひとつの手かなと思います!

投稿の頻度とタイミングを考えよう

もちろん投稿は毎日あげたほうが理想的です。

しかし実際に投稿の素材がそれほどない場合もあります、そんなときは投稿の頻度を下げるべきです。

投稿の総数を下げた上で、出す素材は自分の中で最高のものにしたほうがいいです。

ペースを落としてでも最高のものを投稿しよう

また投稿のタイミングも大事です。

タイミングを考えるべきなのは「何時に投稿するか?」「何曜日に投稿するか?」「今月のこのイベントに合わせた投稿をするか?」などを考えるべきです。

時間帯のおすすめとしては11時〜2時ぐらいの就寝前の時間帯です。

多くの人が就寝前にインスタグラムを開く傾向があります、しかし投稿やフォロワーによって見てもらえる時間帯が違ったりするのでいろいろ実験してみるのもいいです。

また曜日としては週末がおすすめです。

視覚的にインパクトのある写真を選ぶ

飲食店や美容院、観光業などのサービス業ではその地域の住民に

「ここに行きたい」と思わせ実際に行動に移させるほどの視覚的なインパクトが必要になります。

 

単にインパクトが強ければいいというのものではなくその店のこだわりが感じられるメニューなどを投稿して自社にあった独自のブランディングを心がけましょう。

位置情報は必ず入れる

Instagram位置情報を入れることができます。ユーザーはハッシュタグだけではなく、「原宿」などの地名で検索することができます。特に飲食店や美容室などのローカルビジネスには相性がいい機能なので各投稿に位置情報を活用しましょう。

動画の活用

飲食店ですとあまり進んで無いのですが、「動画」が今後SNSではかなり大きなキーワードになります。

それは、インスタグラムだけではなく、ツイッターなどもそうです。もちろん、Youtubeなどは動画をまさに活用しているSNSですね。

例えば、以下のような「食レポしている動画」が、すこしずつですが浸透して来ています!

こういった動画を見ると、飲食店について写真を見るだけよりももっと詳しく知る事ができると思いませんか?

画像以上に、情報を伝えることができる「動画」を今後もっと活用することが集客のコツになります!

リソースを割けない場合は自動化ツールを使う

本業である飲食店の経営とSNSマーケティングを両立させるのが大変という方もいらっしゃることかと思います。フォロワーの多いアカウントを運用している飲食店や美容室ではSNSの運用代行会社に任せているのが現状です。

現実問題、上記の項目を全て実行して成果を出すにはある程度の時間が必要となるでしょう。運用代行に投稿を任せきりにするのは不安だという方はSNSマーケティングオートメーションサービスのを利用するのが1つの手段かと思います。

自動化ツールを使うことによって

・特定のハッシュタグをつけて投稿したユーザーへのいいねやフォロー

・コメントへの返信

・位置情報から来店の可能性があるユーザーへのアプローチ

などが可能になります。

DEGITAL PANDAでは、インスタグラム・ツイッターなど主要なサービスすべてに対応したサービスとなっております。また、単純に「フォロワーを増加させる」だけでなく、しっかりと「集客」や「購入」などのコンバージョンまでをサポートしています。

無料でSNS専門家によるアカウントコンサルティングサービスを実施しています。

まとめ

Instagramを用いたマーケティング手法は確立されつつありますがまだまだ発展途上と言えるでしょう。これといった正解はなく、自社のサービスにあったやり方を模索していく必要があります。業界の特徴に合わせた施策を把握し、ターゲットにリーチしましょう。