パンダメディアラボ編集部

【世界ランキング】人気SNSのユーザー数・利用率まとめ

世界中で使われているSNSですが、今回は世界で人気のSNSの利用率、ユーザー数をまとめました。国ごとに若干人気のSNSは異なってきます。

SNSの人気の背景にあるものを解説しながら世界の流行を追っていきましょう。

世界のSNSユーザー数・利用率ランキング

Facebook

Facebookは公式サイトや公式イベントなどで様々な数値を公開しています。

https://www.facebook.com/

  • 2018年12月のデイリーアクティブユーザー数は15億2000万人
  • 2018年12月31日時点での月間アクティブユーザー数は23億2000万人

発展途上国にもFacebookのインフラが敷かれており、このプラットフォームの上に様々なビジネスが展開されています。メッセンジャーはFacebookユーザー間で使えるチャットアプリで他のユーザーがログイン中かどうかを確認できます。

またFacebook広告はターゲティングの細かく設定できるため、ROASも高いです。マス広告からWEB広告、SNS広告へと企業の広告予算の比重が移ってきています。

YouTube

今や世界一の動画プラットフォームになったYouTube。2004年に創設され、その1年8ヶ月後、2005年10月に当時スタートアップであったYouTubeに対してGoogleは16.5億ドル(約2000億円)を株式譲渡で買収しています。

買収の理由は「市場占有率の確保」「競争力の向上」「コミュニティの作成」の3つが挙げられます。そして見事に顧客データを拡大し、最終的に広告主を増やすことに成功しました。Googleには成長中のスターアップに投資をし、自社で育て上げるという事例が多くあります。

そしてYouTubeは次の4つをコンセプトに掲げています。

表現の自由

すべての人が自由に発言し、意見を交換し、率直に対話できるべきであり、また、創造的自由は新しい意見や表現形式、可能性につながるものであると YouTube は考えます。

情報にアクセスする自由

すべての人が、オープンな情報に簡単にアクセスできるべきであり、また動画は、教育や理解形成の場をもたらし、世界中の出来事を規模の大小にかかわらず記録できる強力なツールであると YouTube は考えます。

機会を得る自由

すべての人が、自分を表現できる機会を持ち、ビジネスを構築し、自分が思い描く成功を手に入れることができ、また、何が人々の心に響くかということを既存の価値観によってではなく自分たちで決めることができるべきだと YouTube は考えます。

参加する自由

すべての人が、サポートしてくれるコミュニティを見つけ、障壁を取り除き、国境を越え、同じ関心や情熱の下に集まることができるべきだと YouTube は考えます。

Twitter

Twitterは以下のような数値を公式サイトTwitter JapanアカウントTwitter Q3 2018 Shareholder Letterで発表しています。

  • 月間アクティブアカウント数:3億2,600万
  • デイリーアクティブユーザー:9%増加(前年比)

私たちは表現の自由を信じ、すべてのユーザーが、世界に影響を与える力を持っていると考えています

引用元:twitter公式ホームページ(https://about.twitter.com/ja/values.html)

 

上記のTwitter社の企業理念にあるように一般のユーザーに加え、企業、芸能人、キャラクター、政治家など、様々な立場の人がTwitterで情報発信をしています。

なお、Twitterでは健全なプラットフォームを維持させるために様々な施策が打たれています。

 

 

自殺について検索すると専門団体への案内を上位表示されるようになりました。またフェイクニュースと判断された投稿を表示できなくしたりと質を担保するようになりました。

偽アカウントの一斉削除も近年話題になりましたがこれも誰もが使いやすい健全なプラットフォームを維持するためと言えるでしょう。

Instagram

Instagramでは以下の数値を公式サイト日本経済新聞で発表しています。

  • 月間アクティブアカウント数:10億人以上
  • デイリーアクティブユーザー数:5億人以上
  • 1日に投稿されるストーリーズ:4億以上

最近ではショッピング機能など、外部サイトと連携する機能が増えているいます。ストーリーやフィード広告にURLを掲載できるようになり、企業広告も増えてきています。Facebook広告の類になるのでターゲット選定も同様に細かく設定できるのが広告主にとっての利点です。Facebook社はそのほとんどを広告で利益をあげているのでユーザーのデータを細部までとっています。

さらに、日本の利用者が1日に投稿するストーリーズの数は700万件にも及び、2年間で20倍(2016年9月と2018年9月の比較)にも増加したと、「Instagram Day Tokyo 2018」で発表されました。

2018年6月には、投稿画像に商品名や値段をタグ付けでき、クリックするだけでECサイトに誘導できる「ショッピング機能」が日本でも利用できるようになりました。Instagramから商品をそのまま購入できるようになるため、EC事業者にとっては大きなチャンスになりそうです。

 

また、11月には、気になった商品をブックマークしておける「ショッピングコレクション」や動画投稿でも「ショッピング機能」が使えるようになるなど、3つの新しい機能が追加されました。

1 2