インスタグラムマーケティング

【2019最新】インスタで人気の企業向けプロフィールのコツと書き方

Instagramのユーザー数は年々増加しており若年層の実に6割以上が利用しています。企業のマーケティングにあたり大きな効果をうむツールとしても注目集めています。

Instagramでフォロワーを獲得するための要素はいくつか挙げられますが今回はプロフィールの書き方について解説していきます。

プロフィールとして設定できるのは、[名前]、[ユーザーネーム]、[ウェブサイト]、[自己紹介]、[プロフィール画像]の5項目だけです。この項目をフル活用して一目でユーザーの知りたい最低限の情報が知れるプロフィールを作ることが必須です。

さらにはユーザーの興味を惹き、フォローを促すようなプロフィールを目指していきましょう。

テーマを決める

有名人や大企業のアカウントでない限り、見ず知らずのアカウントをフォローするというのは考えにくいです。このアカウントをフォローすることによってメリットを享受できるということをプロフィールの150字で伝えていきましょう。

基本的には何か一つのテーマに特化したコンテンツを発信することで「何を得られるか」をはっきりさせておくと良いでしょう。テーマが決まったら簡潔な言葉でプロフィールに明記しておきましょう。

ユーザーは投稿に興味を持ったらプロフィールに飛びます。そして普段どのようなコンテンツを投稿しているのかを知ってフォローするという流れなので、このプロフィールでアカウンどのコンセプトを伝えなければいけません。もっというとせっかく興味を持ってプロフィールに来てくれたのにプロフィールが充実していないとみすみすフォロワーを撮り逃してしまいます。

投稿を一つ一つ見ていけばどのような内容なのかは把握できますが、最初の段階ではそもそもまだ写真が少ないので文章でテーマを伝えた方が親切です。

ハッシュタグを入れる

ハッシュタグとは、Instagramで投稿する時に、テキスト部分に入力する「#」のことを指します。ハッシュタグはInstagramだけで利用されているものではなく、TwitterやFacebookなどの他のSNSでも利用されているものです。

ハッシュタグをクリックすると同じタグをつけた投稿の一覧が表示されるので、フォロワー以外のユーザーの目に触れる可能性が高くなります。そしてこのハッシュタグは投稿のみならずプロフィールの文章にも組み込むことができます。

1 2