パンダメディアラボ編集部

【不動産編】インスタグラムやSNSで集客をするためのコツ(ハッシュタグなど)

 

「インスタグラムを上手に活用できてる不動産アカウントがある!!」とびっくりされている不動産の方も多いと思います!

今回は、パンダメディアラボ編集部が、不動産でインスタグラムをどのようにマーケティングに活かす事ができるのか?について記事にまとめました。

現在不動産は、日本中に約12万業者者もあり、これはコンビニの2倍の数があると言われています。

一方で、日本人の人口は少なくなっており、お客さんになりうる人の数も、やはり競争は激化しているのです。

これまでテレビ広告などのマスメディアや口コミサイトなどの比較サイトを中心に集客が行われていましたが、現在最も盛り上がっている領域はSNS(ソーシャルメディア)と言われています。

その中でも特に、今回はインスタグラムを使った集客について解説できればとおもいます。

インスタグラムで集客は可能か?

インスタグラムとは?

インスタグラムは2010年にできた比較的新しいサービスです。

Instagramは、無料の写真共有アプリケーション。日本では略して「インスタ」とも呼ばれることもある。 コダックのインスタマチックおよびポラロイドのインスタントカメラに配慮してインスタグラムの投稿画像は正方形が基本である。(引用:wikipedia)

インスタグラムの特徴

インスタグラムの特徴は、やはり「画像で伝えられる」のが非常に大きいです。

これまでのTwitterやFacebookのように文章でサービスの良さを伝えることには限界があります。

また、Youtubeなどの動画をしっかり撮影しようとすると、かなり時間やお金がかかってしまうのです。

しかし、インスタグラムであれば写真をパシャっと撮影し、次の瞬間には投稿できてしまう手軽さがとっても活用しやすいところです。

インスタグラムは写真を撮影したら簡単に投稿できる。

さらに重要なのは、これは「投稿側が楽チン」なだけでなく、「みる方もパッと見でわかる」というのが重要なところです。

これによって、様々な情報(家の雰囲気・実際の接客の良さ・ライフスタイル・文化)というのが、なんとなく伝わるのです。

特に若い子では、細かい文字を雑誌や本で読んで情報収集するのではなく、パッと見て様々なものごとを判断するのに長けています。

だからこそ、「インスタ映え」という言葉が生まれましたし、インスタグラムが急成長している要因でもあるのです。

インスタグラムはみる方も楽チン。だから流行ってる!

なぜ不動産の集客にインスタグラムは最適なの?

不動産の集客に最適な理由は、ずばり「見た目」が重要な要因になるからです。

これまでも「見た目」が重要な業界だった!

これまでも、家を買いたいなどのときには、

・家の雰囲気

・キッチンなどの機能性

・楽しそうに住んでいる人の姿

・近所の雰囲気

などが、総合的に判断されて、集客されていました。

この流れとマッチするSNSは、TwitterでもYoutubeでもなくInstagram(インスタグラム)です!

また、不動産だと、家の見栄えをよくさせた写真をパシャッと取るだけでインスタグラムに投稿ができます。

最近のiphoneなどのカメラはかなり良いコンテンツが簡単に撮影できるのでおすすめです。だいたい1分くらいで撮影&投稿できるのが嬉しいですね。

忙しい業界の方でも、簡単に投稿することができる!

無料でビジネスアカウントにすると高度に集客ができる!

知らない人も多いですがアカウントを集客に特化したビジネスアカウントというものがあり、この「ビジネスアカウント機能」はなんとインスタから無料でアップデートすることができます。

集客に特化したビジネスアカウント活用がおすすめ!

実は、一般人の方でもビジネスアカウントにすることは可能です。

つまり、お店のアカウントだけでなく、ひとりひとりの店員もビジネスアカウントにして、しっかりと集客に向けてアカウント運用することができるということです。

ビジネスアカウントにすることで、通常であればHPを載せることしかできませんでしたが、「メールアドレス」や「電話番号」など、これまで表示されなかったなどの機能の追加することができます。

特に、そういった情報コンテンツを載せられる「ビジネスプロフィール」がおすすめです。

ビジネスプロフィールは様々な情報が載せられる!

ビジネスアカウントにすると、「メールアドレス・電話番号・住所」の登録が可能です。

メールアドレスを登録すると、見てくれた方がメールを送る事が可能になります。また、当然、電話番号を登録したとすると、直接お店に電話をかけることができるのです。

そのほか、住所やお店の予約ページなどに直接誘導する機能もあるので、まずはビジネスプロフィールに変更し、実際に情報を登録して見てください。

例:(美容室の例)LIPPS MENS

不動産のインスタ活用成功事例

とはいえ、本当に不動産で集客に成功している事例があるかどうか気になりますよね?

そういった方向けに、全国でインスタグラムを使ったマーケティングを行なっている不動産を集めて見ました!

住みたくなるような家! 無印良品の家 mujihouse

投稿の写真のデザインで一歩リードしているのが無印良品の家です。

家のデザインはもちろん家具なども無印良品のものが使われており、デザイン的にインスタ映えしています。

またいろいろな写真を載せてる中で統一されているのが、全部の写真が明るいということです。

つまり明るいい家を提供したいという意思が感じ取れます。

プロフィールが充実! グッドルーム

グッドルームのアカウントはプロフィールの充実度がすごいです。

もちろん、投稿の写真や内容もいいです。

プロフィールの点でおすすめしたいのが「#goodroom取材」の部分です。

他の方にこのハッシュタグをつけてもらって、自分の家のインテリアのおすすめなどを紹介できます。

このようなオリジナルのハッシュタグはおすすめです。

落ち着いた雰囲気! 積水ハウス株式会社

落ち着いた写真を多く投稿しているのが積水ハウス株式会社のアカウントです。

コンセプトとして、落ち着きのある日常の家というのが見て取れます。

また落ち着いた雰囲気に合ったハッシュタグ「#吹き抜け」「#家族で」などをつけているのもお手本になります。

海外の良さがある! スウェーデンハウス

スウェーデンハウスは輸入住宅を扱っているところで、海外感というのが存分に発揮されたアカウントになっています。

北欧のスタイリッシュなスタイルを上手く落とし込んだ写真になっていて、住みたいと思わせてきます。

また海外感と合うクリスマスツリーとの写真を載せたりして、コンセプトとインスタ映えをしっかり両立できています。

不動産感がゼロ!スーモくん推しの スーモ

不動産業界の公式アカウントで異彩なのがスーモのアカウントです。

投稿もほとんどスーモくんをつかったCMのくり抜きだったり、「スーモくんx季節」の投稿写真を載っけたりしています。

しかしこれはある意味有効で、独自性という点ではリーチを伸ばせそうです。

ただ集客につながるのかが少し分かりづらいです。

不動産向けインスタ活用の3つのコツ

このように、インスタグラムを使って不動産の経営者は様々な工夫をして集客を実施しています。

ただ、ほとんどの不動産では、SNS運用があまりうまくいっていなかったり、やってなかったりするのではないでしょうか?

よくある不動産アカウントの失敗が「とにかく家の画像をあげればいい」と思っていることです。

ずらーっと画像のギャラリーが、家の画像になっており、「どの家がおすすめなのか?」「どのポイントがおすすめなのか?」などがパッと伝わりづらい事があります。

今の時代は「AといえばBだ!」ときっちり決める事が重要です。(特に有名で無い店舗ほどそのほうがSNSでは一気にバズる傾向があります。)

うちといえばこれ!というものが重要!
1 2