インスタグラムマーケティング

いいね数が見えない!Instagramで他人のイイネ数が表示されない実験を行う

Twitter上のインスタグラム公式アカウントを見ているとこんな投稿が先日されていました。

Instagramは7月18日に「いいね!」の数を非表示にするテストを、日本を含む6カ国で開始したことを発表しました。

今現在では一部のユーザーのみが対象となっています。

Instagramがいいねを廃止!!

テスターに選ばれた環境ではユーザーインターフェース(UI)が少しですが変化します。(今年の4月にその予告はされていました)

その変化とは、投稿した本人だけが「いいね!」数を見ることができるUIをテストしていることを明らかに先日されました。

アメリカのTechCrunchによると「当初はカナダだけで実施されていましたが、18日からは新たに6カ国が加わる」と報道しています。

現在はカナダに加え、オーストラリア、ブラジル、アイルランド、イタリア、日本、ニュージーランドの計7カ国でテストが行われています。

しかし、いいね数を非表示にすることに意味はあるのでしょうか?

インスタグラム側の意図としては以下のように述べています。

“because [they] want your followers to focus on the photos and videos you share, not how many likes they get.”

和訳:インスタグラムとしましては、いいね!の数に左右されることなく、フォロワーが画像や写真に注目して(楽しんで)みてほしいです。

これはとても当たり前のようなことですが、実際いいねがあると、いいねの数が多い投稿のほうが”いいものなのかな”と思っていまいます。

これは重大な問題で、いいねが付けばフェイクニュースや過激すぎる画像でもいいということになります。

そんな事が起きても、自分たちには問題は少ないですが(自分で情報の取捨選択ができれば)、インスタグラム内が無法地帯になるのは、インスタグラム側としては望んでいないと思います。

またInstagramの広報は新しいUIを導入する意義として

「ユーザーがいいね数から感じる”競争圧力”を減らす方策の一環として」

と述べていました。

つまり他人のアカウントと「いいね数」を比べてしまい、自分のほうが少なかった場合、劣等感や憂鬱な感情に支配される人も少なくないそうです。

1 2