【ホテル・旅館編】旅行業界のインスタグラムの運用&活用!成功事例と集客方法

「最近、インスタ映えしたホテルの人気がすごい!」

「旅館がSNSでキャンペーンを行った所、多くの人がきた」

と思われている、ホテルや旅館の経営者も多いと思います。

今後はAirbnbの台頭があったりで、ホテル業界の競争は高くなっていきます。

その中でも自分たちの強みを見つけて生き残っていく必要性がホテルや旅館には出てきます。

しかし最近では、強みがあるのに、その強みが他者に伝えきれていないホテルや旅館、宿が数多くあるのが現状だと思います。

今の時代、ホテルや旅館の強みや特徴をより早く多くの人に発信できるのはSNSだといえるのではないでしょうか。

1枚の写真で、ホテルや旅館のインパクトを可視化して伝えることができるため、

とりわけインスタグラムはホテルや旅館との相性が抜群です。

今回は、パンダメディアラボ編集部が、ホテルや旅館がインスタグラムをどのようにSNSマーケティングに活かす事ができるのか?について記事にまとめました。

インスタグラム(Instagram)とはなにか?

インスタグラムは2010年にできた比較的新しいサービスで、多くの若年層に使ってもらっています。

「画像」でコミュニケーションをするという斬新なSNSであり、世界中と繋がれる可能性を秘めています。

インスタグラムの定義

Instagramは、無料の写真共有アプリケーション。日本では略して「インスタ」とも呼ばれることもある。 コダックのインスタマチックおよびポラロイドのインスタントカメラに配慮してインスタグラムの投稿画像は正方形が基本である。(引用:wikipedia)

インスタグラムの特徴

インスタグラムを使ってできることは主に、「画像を見る」「画像を投稿する」です。

最近では、動画の閲覧や音楽のシェアやDMや質問等でのコミュニケーションなど様々な機能も利用可能ですね。

そしてこの2つ(「画像を見る」「画像を投稿する」)によってもたらされる特徴は4つです。

  • 拡散力などのスピード感
  • 非言語的なので全世界の人に通じる
  • 受け取りて側は見てるだけなのでストレスフリー
  • 投稿側も簡単に投稿できる

インスタグラムは基本的に「非言語的」で、「写真」や「動画」をメインに流すメディアでになっています。

なので受け取り側はパッと見て発信側の意図が理解でき、すぐにシェアができるので、知れ渡るスピードは他のSNS(FacebookやLineなど)に引けを取らないし、一番早いといえます。

目にした瞬間に何かを感じ取れるSNS=インスタグラム

また投稿側はサクッと写真や動画を取るだけでインスタグラムに投稿ができてしまうのでとても簡単に投稿側になれます。

「インスタグラムとホテル・旅館」の相性が良い理由

インスタグラムは主に画像と動画で相手に情報を伝えるものです。

そしてホテル・旅館の良さ(旅館の雰囲気、ホテルの充実度、夕食の満足感、など)を伝えるのに画像や動画は最適だと思われます。

また今まではホテル・旅館の認知度を挙げるためにはテレビや雑誌などで宣伝をしてたと思います。

しかしPRというのはより多くの方に知ってもらうことが大事です。

そして多くの人に知ってもらえる可能性や、多くの人により早く知ってもらえるのはテレビや雑誌よりSNSです。

実際にホテル・旅館を利用したお客様が、施設やサービス絵を気にいればクチコミシェアしてくれることで拡散されたり、ユーザー目線でもインスタ映えだと思われる投稿をしてくれることができれば、自然と拡散力は大きくなっていくのではないでしょうか。

今ではインスタグラムは国内での月間アクティブユーザー数が2900万人を超えていて、世界だと10億人を超えています。

これらすべての方にアクセスできれば莫大な力になります。

インスタグラムはテレビ並みの爆発力とSNS特有の拡散力があるので、活用するべきです。

初心者がインスタグラムで最初にやるべきこと

インスタグラムは日々進歩していていろいろな機能が追加されています。

インスタグラムの機能の数々のなかでしっかりと使いこなせないといけない機能を紹介していきます。

ツールのフィルター機能を使いこなす

まずインスタグラムで大事なのは画像です。

その画像の質を簡単に上げてくれる機能がインスタグラムにはあり、それはフィルター機能です。

今ではおなじみだとは思いますが、これをしっかり使いこなせている人は割と少ないです。

もともとの画像の質が高い場合使う必要がないですが、携帯で撮った写真などは加工することがマストです。

そのなかで絶対にやってほしくないのが、

いろんな写真に別々のフィルターをたくさんかけるです。

「別のフィルターをかけたほうがギャラリーはいろいろな写真があって良くないですか?」と思われる方もいらっしゃいますが、それは間違いです。

ギャラリーの中の写真の雰囲気は統一性を持たせないといけないものです。

そのほうがアカウントの統一感があって多くの人が見てくれます。

無料でビジネスアカウントにすると高度に集客可能!

知らない人も多いですがアカウントをビジネス用にするビジネスアカウントというものがあります。

この「ビジネスアカウント機能」は無料で普通のアカウントからアップデートすることができます。

集客に特化したビジネスアカウント活用がおすすめ!

ビジネスアカウントにすることで、通常であればHPを載せることしかできませんでしたが、「メールアドレス」や「電話番号」など、これまで表示されなかったなどの機能の追加することができます。

特に、そういった情報コンテンツを載せられる「ビジネスプロフィール」がおすすめです。

ビジネスプロフィールは様々な情報が載せられる!
ビジネスアカウントにすると、「メールアドレス・電話番号・住所」の登録が可能です。

メールアドレスを登録すると、見てくれた方がメールを送る事が可能になります。また、当然、電話番号を登録したとすると、直接お店に電話をかけることができるのです。

そのほか、ホテルや旅館の住所やホームページなどに直接誘導する機能もあるので、まずはビジネスプロフィールに変更し、実際に情報を登録して見てください。

インスタグラムをホテル・旅館が活用する 【応用編】

インスタグラムでは画像の投稿が簡単にできます。

つまり誰でもできるので、多くのホテル・旅館がインスタグラムに手を出しています。

しかし多くのアカウントがうまく言ってる様子がありません。

しかしその中でも成功を収めている、ホテル・旅館アカウントもあります。

それらの成功しているホテル・旅館アカウントに共通点が3つあります。

それは

  • ハッシュタグの付け方
  • 継続的な投稿
  • 投稿画像や文章の質
  • 動画の活用

です。

ではこの3つの何を気をつけるべきか紹介していきます。

ハッシュタグのコツ

インスタグラムの投稿には、合計30個のハッシュタグ(#)をつけることができます。

まず、これをめいいっぱいつけてください!30個のハッシュタグをつけて凍結されることなどはありません。できるだけ露出を増やす為に、できるだけ多くハッシュタグをつけてください。

できるだけ多くのハッシュタグをつける!

ホテル・旅館アカウントをお持ちの場合は、多くの人が検索してくれそうなハッシュタグを付ける必要があります。

しかしホテル・旅館アカウントには、「このハッシュタグは誰のためのなんだろう?」というものをよくつけているアカウントもあります。

ハッシュタグをとりあえずつけているだけで、まったくどういうシーンで活用されるハッシュタグなのか意識されていません。

ここでは、必ずユーザーが検索しやすいハッシュタグをつける必要があります。

発信する側がつけるハッシュタグと、ユーザーが検索するハッシュタグは違う。
#地域+ホテル/旅館

「#札幌ホテル」「#福岡ホテル」「#草津旅館」「#道後温泉旅館」など、地域を表すハッシュタグはかなり重要なハッシュタグです。

さらに「#石川」よりも「#金沢」など、より詳しいハッシュタグにするのがコツです。

投稿が多いハッシュタグではなく、より顧客に刺さる詳細なハッシュタグにするようにしましょう。

ホテル・旅館でのシチュエーションを想定したハッシュタグ

基本的に、ハッシュタグはより小さい、細かい領域を狙うようにおすすめしています。

そして、ホテル・旅館も例外ではありません。

例えば「#温泉」「#ご飯」とかよりかは「#旅館」とか「#ホテルご飯」などです。

成功にしっかり結びつけるには正直大きなハッシュタグは避けたほうがいいです。

もちろん新しい顧客へのリーチ、つまりフォロワーを増やすには多くの人に見てもらうことも大事で、そのためには多少大きくても検索してもらいやすいハッシュタグの設定も試す価値はあります。

しかし、アクティビティユーザーにしっかり見てもらうには、検索回数は少なくても比較対象が少ないほうがより良い印象をユーザーに与えられます。

限られたハッシュタグの数なので無駄にしないでいきたいです。

その熟考の中のリストに入り込めるようにアピールしていくのがインスタグラムの役目だと思うといいです。

ハッシュタグに関しては、こちらの記事も併せてお読みください。

ホテル・旅館のインスタグラムアカウントでいちばん大事なのはコンセプトで、その世界観を他の人達に知ってもらうことです。

まず旅行をするというのはそう頻繁に行われることではありません。

継続的な投稿+投稿の画像や文章の質

その中で熟考した上で決められる中の1つが宿です。

今後の機会に向けて、アピールをしましょう。

リストに入るためにはアピールが大事で、アピールするべきはホテル・旅館の世界観です。

ホテル・旅館の世界観を伝えるために必要なのが継続的な投稿のアップになります。

そして最後にお客様に決めてもらうために、投稿画像の質や文章の質を向上させることが大事になります。

視覚的にインパクトのある写真を選ぶ

不動産、観光業などのローカルに強いサービス業では特にその地域の住民に

「ここに行きたい」「ここに住みたい」と思わせ実際に行動に移させるほどの視覚的なインパクトが必要になります。

単にインパクトが強ければいいというのものではなくその店のこだわりが感じられるメニューなどを投稿して自社にあった独自のブランディングを心がけましょう。

位置情報は必ず入れる

Instagram位置情報を入れることができます。

ユーザーはハッシュタグだけではなく、「原宿」などの地名で検索することができます。

特にローカルビジネスには相性がいい機能なので、

各投稿に位置情報を活用しましょう。

動画の活用

ホテル・旅館ですと最近投稿が増えてきているのが、「動画」で、今後SNSではかなり大きなキーワードになります。

それは、インスタグラムだけではなく、ツイッターなどもそうです。もちろん、Youtubeなどは動画をまさに活用しているSNSですね。

世界観を伝えて、お客様にアピールするためには画像の他に、動画を少し混ぜたりするととても大きな影響力があります。

画像以上に、情報を伝えることができる「動画」を今後もっと活用することが集客のコツになります!

動画の作成は難しく手間ひまがかかります、しかししっかりと集客効果は見込まれるので、もしお悩みでしたら専門家に相談してみるのもいいと思います。

もちろんアカウントのコンセプトに沿ってないような投稿として動画を無理やり上げる必要はないです。

例えば、動画で家の紹介をしてみるとかです。

最近では、「「ストーリーズ」機能を活用して動画を投稿し、「ハイライト」機能で動画をまとめることや、「リール」機能の活用もおすすめです。

ストーリーズに動画を投稿すれば、「ハイライト」機能でプロフィールページにピックアップしたい動画をカテゴリーごとにまとめることができるので、

まるで動画版カタログのような使い方ができます。

DIY動画やリノベーション、リフォームの様子を動画でまとめれば、アピールポイントが簡単にわかり、雰囲気も簡単に伝わります。

「ストーリーズ」機能に関してはこちらの記事を合わせてお読みください↓↓

インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

パンダメディアラボを運営する株式会社popteamは、美容室・飲食店・宿泊施設・不動産会社をはじめ、スタイリスト・フォトグラファー・インフルエンサーなどの個人のお客様までインスタグラムマーケティングをサポートしております。

DIGITAL PANDA(デジタルパンダ)で、あなたのアカウント成長を加速させましょう。
累計2,000を越えるアカウントが導入、フォロワー数の増加実績は平均で3.7倍です(6ヶ月利用)。

下記のような課題をお持ちの方は、ぜひご利用ください。

  • インスタグラム運用のコツがわからない。
  • 新規のフォロワーを効率よく獲得したい。
  • 普段の業務が忙しくアカウント運用にかけられる時間がない。

DIGITAL PANDA(デジタルパンダ)は販売パートナーも募集しております。
ご興味がございましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

>インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

デジタルパンダは、フォロワー獲得のためのアクションを自動化し、あなたのインスタグラムのアカウント運用業務を効率化するサービスです。
累計2,000を越える様々なアカウントへ導入し、フォロワー数の増加実績は平均で3.7倍(6ヶ月利用)。高い安全性と多彩な機能を提供し、他のツールからの乗り換えが多いのも信頼の証です。

CTR IMG