パンダメディアラボ編集部

【人材編】インスタグラムやSNSで集客をするためのコツ(ハッシュタグ)

うちの会社はこれ!というものが重要!

なので、まずは基本的なことからSNS集客に向けた3つのコツをお教えします!

プロフィール設定をしっかりやる

プロフィールは必ず「わかりやすく」「文字数いっぱい」記載する必要があります。

また、プロフィール画像も、写真もロゴなどを適当に写すのではなく、しっかりと考えて記載する必要があるのです。

このあたり、とても適当になっているアカウントが多いので気をつけてください!

プロフィールはわかりやすく文字数いっぱい。

プロフィールで最も重要なのは、

・このアカウントは、何を伝えたいのか?

・このアカウントをフォローする価値とは何か?

ということを明確に伝えてあげることです。

もちろん、プロフィールが良いだけではフォロワーが増えるわけではありません。インスタグラムは基本、アカウントの良し悪しは投稿の写真や動画、そしてストーリーなどで判断されます。

しかしプロフィールをしっかり記入すると良いことが2つあります。

1つ目が、「どんなアカウントなのか?」を伝えられる重要な欄なのです。

例えば、職員が働いている写真が大量に上がっているアカウントは無数にありますが、それだけでは誰もフォローしたいとは思いません。

しかし、プロフィールに「みんなが意見を言い合える職場」と書いていれば、しかりとした職場に入りたい人の需要を満たして、フォロワー増加につなげることができるのです。

また、2つ目は「実際のコンタクトにつなげることができること」です。

特に、良い写真が大量にあがっていて、フォロワーがどんどん増えても、採用に活かせていないと悩む方が本当に多いです。

一方で、フォロワーがそれほど多くなくても、人材の獲得ができている方もいらっしゃいます。

その違いは、プロフィール欄で、しっかり「採用の電話番号」や「所在地」が誘導されているかどうかです。

また、もらったお金で、より良いことをしている(例えば寄付やボランティアなど)ことがわかれば、より入社をしたくなるでしょう。

そういった、「ぜひこの会社に入社したい!」と思わせられるプロフィールにしているかどうかで、フォロワー数が少なくても集客につなげることができるのです。

集客できるハッシュタグのコツ

インスタグラムの投稿には、合計30個のハッシュタグ(#)をつけることができます。

まず、これをめいいっぱいつけてください!30個のハッシュタグをつけて凍結されることなどはありません。できるだけ露出を増やす為に、できるだけ多くハッシュタグをつけてください。

めいっぱいのハッシュタグを投稿につける!

人材アカウントをお持ちの場合は、多くの人に対して検索をしてくれそうなハッシュタグを見つけていく必要があります。

よく人材アカウントを見ていて思うのは、「このハッシュタグは誰のためのなんだろう?」というものをよくつけていることです。

ハッシュタグをとにかくつけるだけつけていて、まったくどういうシーンで活用されるハッシュタグなのか意識されていません。

ここでは、必ずユーザーが検索しやすいハッシュタグをつける必要があります。

人材採用がつけるハッシュタグと、検索するハッシュタグは違う。

実際に「人を集められるハッシュタグ」。つまり、実際に「検索されそうなハッシュタグ」をつける必要があるのです。

地名+会社の業界や業種

「#東京コンサルタント」「#新潟飲食」「#渋谷プログラマー」「#神奈川土建」など、「地名+業界/業種」などはかなり重要なハッシュタグです。

さらに「新宿」よりも「西新宿」など、より詳しい地域にすることが集客のコツです。

投稿が多いハッシュタグではなく、より刺さる詳細なハッシュタグにするようにしたほうがいいです。

自社アカウントがターゲティングしているのは誰かをハッキリする

よく「#job」というハッシュタグをつけている企業があります。

もし人事の方で欲している人が英語を使う方なら「#job」は大丈夫です。

しかし多くの企業の投稿の文章は日本語で、ターゲットが日本人な感じがあります。

もし日本人がターゲットならば「#リクルート」や「#2020新卒」などという日本人の方が検索しそうなハッシュタグのほうがいいです。

自社に入りたいと思ってもらえそうなハッシュタグを考案する

人材系アカウントで重要なのは、「どれだけ会社に入りたい」と思ってもらえるかです。

そして、説明会などに来てもらった方はある程度自社に興味がある方です。

なので自社に興味のある方には、自社の説明会に来たという投稿をしてもらえるといいです。

また説明会に来てもらった方の投稿にオリジナルのハッシュタグをつけてもらったりすると、イベント性ができて、多くの人に見てもらえる可能性があります。

その上でお客様には「#大注目の〇〇社の説明会!!」ようなハッシュタグをつけてもらうなどもおすすめです。

理由はオリジナルのハッシュタグが多く流通すれば、その人材系アカウントが人気だということが明確になり、会社の人気の増加につながるからです。

このあたりは少し専門的な知識や、アイディア勝負なところがあるので、専門家の方と一緒に相談して見るのもひとつの手かなと思います!

動画の活用

人材系アカウントですと全く進んで無いのですが、「動画」が今後SNSではかなり大きなキーワードになります。

それは、インスタグラムだけではなく、ツイッターなどもそうです。もちろん、Youtubeなどは動画をまさに活用しているSNSですね。

例えば、動画で職場の紹介をしてみるとかです。

こういった動画を見ると、「職場の雰囲気がわかる」「職員の会話ってこんな感じで行われるんだ」などということが伝わりやすいです。

画像以上に、情報を伝えることができる「動画」を今後もっと活用することが集客のコツになります!

こちらも少し専門家に相談してみるのもいいと思います。

人材向けSNSマーケティングをお手伝いできます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

弊社でも全国対応のSNSサービスを提供中です!

私たち株式会社popteamが運営する「DIGITAL PANDA(デジタルパンダ)」では、全国のSNSマーケティングを実施している企業を対象に、SNSマーケティングオートメーションサービスの提供を実施しております。

以下のような課題を抱えている会社にはおすすめのサービスです!

・フォロワーをもっと増やして認知度を高めたい。

・いいねがもっとつくような写真や投稿をあげていきたい。

・フォロワーは増えたが、実際の集客につなげて行きたい。

DIGITAL PANDAでは、インスタグラム・ツイッターなど主要なサービスすべてに対応したサービスとなっております。また、単純に「フォロワーを増加させる」だけでなく、しっかりと「集客」や「購入」などのコンバージョンまでをサポート致します。

また、サービス導入いただいた企業様向けに、無料でSNS専門家によるアカウントコンサルティングサービスを実施しておりますので、是非ご検討いただければと思います。

 

1 2