インスタグラムで集客に繋がる効果的なハッシュタグとは?ハッシュタグフォロー機能を解説

「インスタグラムのハッシュタグのフォロー機能って何?」

「ハッシュタグ自体のフォローにはどういう効果があるの?」

という方のために、ハッシュタグのフォロー機能の解説と投稿時の効果的なハッシュタグの使い方・探し方に関して解説していきます!

ハッシュタグをフォローする機能

インスタグラムでハッシュタグを検索したことはありますか?

実は、インスタグラムには「ハッシュタグ自体をフォローする機能」があります。

インスタグラムでは、ハッシュタグをフォローすることができる。

検索窓からタグ検索すると、「フォローする」ボタンが現れ、

フォローすると「フォロー中」へと切り替わります。

ただアカウントをフォローするだけではなく、

興味のある「ハッシュタグ」のフォローで情報を集めているユーザーもいます。

たとえば「#東京グルメ巡り」をフォローしている場合、

投稿フィードをスクロールしていると、

このようにフォローしたハッシュタグ「#東京グルメ巡り」の投稿が表示されます。

アカウントがフォローされていなくても、ハッシュタグを含む投稿をすれば、より多くのユーザーにあなたの投稿を見てもらうことが可能です。

投稿を見てほしい、またはフォローしてほしいユーザーの興味関心が高いハッシュタグを使うことがポイントです。

投稿をする際には、積極的にハッシュタグを設定していきましょう。

効果的なハッシュタグの使い方

1.複数のハッシュタグを使う

そもそも、インスタグラムではどれくらいのハッシュタグを使うことで効果が見えてくるのでしょうか?

1回の投稿で最低10個~最大30個までのハッシュタグをつける

より多くのユーザーへリーチするためには、

より多くのハッシュタグをつける事が効果的です。

フォロワー数の多いインスタグラムアカウントを閲覧してみると、
少なくとも10個以上のハッシュタグをつけている投稿が多くあります。

とはいえ投稿件数が多くても、無関係であるハッシュタグを付けても効果はありません。
例えば「#instagram(投稿5.8億件)」や「#東京(投稿2,349万件)」などです。

また、検索窓からのタグ検索結果は、「人気投稿」と「最新投稿」の2つに分かれて表示されます。

基本的には、ハッシュタグを含む投稿をすると「最新投稿」へ表示されます。

「人気投稿」に表示されるとより多くのユーザーはあなたの投稿を見ることができます。
しかし、「人気投稿」には表示されないことが多いので、過度な期待は禁物です。

とはいえ、新しい顧客へのリーチ、つまりフォロワーを増やすためには、多くの人に見てもらうことが重要です。

そのためには投稿数が多くても「検索してもらいやすいハッシュタグ」の使用がおすすめです。

2.投稿用ハッシュタグと検索用ハッシュタグは違う

例えば以下に「美容院」と「ヘアカラー」というハッシュタグがあります。

「美容院」「ヘアカラー」共に投稿の際に一緒に利用される機会が多いと思いますが、

「美容院」は投稿の内容を知らせるためのハッシュタグとして有効で、

「ヘアカラー」は投稿内容を知らせるだけではなく、ユーザーがヘアカラーを参考にするための検索ワードとしても利用されます。

ハッシュタグのついた投稿をする際は、投稿内容がわかるハッシュタグだけではなく検索にも有効的なハッシュタグを見極めて利用することも重要です。

3.投稿件数の多いハッシュタグと投稿件数の少ないハッシュタグを含める

例えば、旅行業界のアカウントで、ただ単に「#ホテル」「#旅館」「#旅行」のタグを並べただけでは、検索するユーザーは宿泊先を決めるまでに至らない可能性が高いです。

そのため、ハッシュタグをつけた投稿をする際は以下のポイントも参考にしてください。

  1. 投稿件数が極めて多いハッシュタグ
    :投稿内容に左右されず、広義的に使用されることが多いハッシュタグ
    例)#ライフスタイル,#ファッション,#旅行など
  2. 投稿件数が中ぐらい~少ないハッシュタグ
    :業界を表したり、目的がはっきりしているハッシュタグ
    例 #東京ランチ,#渋谷ランチ,#一人暮らし,#〇〇な人と繋がりたいなど
  3. 投稿件数の少ないハッシュタグ
    :オリジナリティの強いハッシュタグ。
    例)#企業名,#商品名,#メニュー名,#特定のキャンペーンなど

地域の規模感はもちろん、業界に関連するワードや色・素材・アピールポイント、シチュエーションなど様々なワードを組み合わせて、複数のハッシュタグを含めた投稿をしましょう。

例えば自治体や観光業界であれば、「#旅行」「#関西ホテル」「#兵庫ホテル」「#神戸ホテル」、学校関係であれば、「#学校」「#専門学校」「#美容専門学校」などです。

投稿件数が多い、対象を限定しないハッシュタグを含めた投稿で、潜在的な顧客に広く認知をしてもらう。
投稿数の少ない、対象を限定したハッシュタグを含めた投稿で、情報を探しているユーザーに直接的にPRする。

効果的なハッシュタグのヒント

1.コミュニティに強いハッシュタグ

例えば、「#〇〇好きな人と繋がりたい」「#〇〇部」や「#〇〇女子」「#〇〇男子」などです。

特定のテーマに関心のあるユーザーが利用するハッシュタグで、

小さなコミュニティから大きなコミュニティまで様々な活用のされています。

「コミュニティに強いハッシュタグ」は、共通の趣味や関心を持つユーザー同士で情報交換をしたり、すでに特定の商品やサービスに関心が強いために、フォローしてコミュニケーションすることに積極的なユーザーが使用します。

企業アカウントでこのようなハッシュタグを使った投稿を見ることは、まだまだ少ないので、まだオリジナルのハッシュタグがない場合は、ぜひこの機会にオリジナルハッシュタグを作ってみるのはいかがでしょうか。

店舗に来店したお客様に、「#店舗名+商品名」を付けた投稿を促したり、ストーリー投稿でオリジナルハッシュタグをご案内することも、集客に役立ちます。

法人アカウントの場合は、企業やブランド・店舗等を表すオリジナルのハッシュタグを作ることがおすすめです。
 

2.地域を特定したハッシュタグ

インスタグラムでは「エリア」に特化した投稿も多くのユーザーが参考にしています。

身近なランチスポットやカフェの検索や、旅行先の宿泊先探しなどにも利用されています。

店舗や施設を構えている地域や周辺に関するハッシュタグを用意しましょう!

「#地域+〇〇」

例えば、「#道頓堀ランチ」「#渋谷カフェ」「#草津温泉」「#道後温泉旅館」「#札幌ホテル」など、「#地域+〇〇」で地域を特定したハッシュタグがおすすめです。

3.シチュエーションを想定したハッシュタグ

投稿が多いハッシュタグだけではなく、

より顧客の求めているハッシュタグを使用することがポイントです。

「顧客の求めているハッシュタグ」=「よく検索されるハッシュタグ」=「シチュエーションを想定したハッシュタグ」

例えば「#旅行」「#温泉」「#ご飯」とかよりかは、

「#記念日デート」「#ホテルディナー」「#海の見える宿」などです。

ユーザーの検索する目的を想像し、利用してほしいユーザーに寄り添ったハッシュタグを使用しましょう。

効果的なハッシュタグの探し方

これまでの流れで、ハッシュタグの重要性は伝わったのではないかと思います。

とはいえ、どのようにしてハッシュタグを選べばよいのでしょうか?

さらに言えば、効果的なハッシュタグや、よりユーザーにリーチできるハッシュタグは、どのように探したら良いのでしょうか?

ここからは、効果的なハッシュタグの探し方を紹介していこうと思います。

1.使用したいハッシュタグを収集

まずは、使用したいハッシュタグをたくさん収集しましょう。

例えば、「アカウントを用意した目的」と「集めたいフォロワー」をもとに、ハッシュタグを分析することが大事です。

  • どんなアカウントにフォローしてほしいのか?
  • どんなアピールポイントがあるのか?
  • どういった写真やキャプションを投稿するのか?
  • どういったストーリーを投稿するのか?
  • URLや店舗等、インスタからの集客先はどこか?

これらをもとに、すべてのキーワードをハッシュタグにしてみましょう。

2.検索窓でタグの投稿数を検索

インスタグラムの検索窓から検索機能を利用して、ハッシュタグを探してみましょう。

用意したハッシュタグをもとに、実際にユーザーのニーズを知ることもできます

実際にユーザーが投稿している内容を参考に、ハッシュタグを選んでみると良いでしょう!

検索窓の「タグ」からキーワードを検索すると、関連のあるハッシュタグとその投稿件数が表示されます。

投稿件数が多い人気のハッシュタグは、より多くのユーザーの目に触れるチャンスが多い!

ただ、前述したように、投稿件数の多すぎるハッシュタグばかりを選んでしまうと、

ほかのユーザーからの投稿も多いため、投稿件数の多いハッシュタグと投稿数の少ないハッシュタグを組み合わせて投稿しましょう。

3.投稿にいいね!してくれたユーザーの投稿使用時のハッシュタグを確認

フォロワーになって欲しいユーザーが多く利用しているハッシュタグを分析してみましょう。

  1. いいね!数の多い投稿や、リーチの多いトップ投稿を確認
  2. 「いいね!」してくれたユーザーの投稿と使用するハッシュタグを確認
  3. 運営するアカウントに関連するハッシュタグを把握
「フォローしてほしいユーザーが良く使うハッシュタグ」=「より効果的なハッシュタグ」

インスタグラムのアカウントで表現したい世界観や目的に沿ったハッシュタグを探して付けてみてください。

ビジネスアカウントの場合は、プロフィールの「インサイト」から確認できます。

こちらを参考に読んでみてください↓↓

インスタのストーリーへのハッシュタグの付け方

最近、インスタのストーリーでもハッシュタグをつけられるようになったので、手順を解説していきます。

1.通常通りストーリーの写真を選ぶ

2.ハッシュタグを入力

3.候補に出てくるタグをタップ

4.ハッシュタグをチェック

ストーリーにハッシュタグをつけて投稿すると、ハッシュタグを検索した際に、左のアイコン画面から、ストーリーズ投稿を確認することができます。

必ず拾われる訳ではありませんが、ハッシュタグをフォローしているユーザーの投稿フィードに投稿が現れるように、フォローするハッシュタグをつけたストーリーズの投稿は、ストーリーズ閲覧している際に表示されることがあります。

まとめ

最後に、ハッシュタグをしっかり使用した投稿をしてもフォロワー数が伸びない、インプレッション数が伸びないというケースもあるかと思います。

そのような時は、自らフォローしてほしいユーザーにいいねやフォロー等のアクションを起こしていくことが効果的です。

ユーザーの心理を考えれば、「いいね」は気に入ったコンテンツに対するアクションなので、「いいね」をされたユーザーは好意的に感じてくれる可能性が高いです。

あとで気になってアカウントを見に来てくれたり、「いいね」「フォロー」を返してくれる可能性が高いため、より高いインプレッションを期待できます。

ハッシュタグやアカウント運営の方法に正解はないと思います。

自社のサービスやコンセプトにあったやり方を模索していく必要があります。

業界の特徴に合わせた施策を把握し、フォローしてほしいユーザーにリーチしましょう。

こちらの記事も併せてお読みください。

インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

パンダメディアラボを運営する株式会社popteamは、美容室・飲食店・宿泊施設・不動産会社をはじめ、スタイリスト・フォトグラファー・インフルエンサーなどの個人のお客様までインスタグラムマーケティングをサポートしております。

DIGITAL PANDA(デジタルパンダ)で、あなたのアカウント成長を加速させましょう。
累計2,000を越えるアカウントが導入、フォロワー数の増加実績は平均で3.7倍です(6ヶ月利用)。

下記のような課題をお持ちの方は、ぜひご利用ください。

  • インスタグラム運用のコツがわからない。
  • 新規のフォロワーを効率よく獲得したい。
  • 普段の業務が忙しくアカウント運用にかけられる時間がない。

DIGITAL PANDA(デジタルパンダ)は販売パートナーも募集しております。
ご興味がございましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

>インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

デジタルパンダは、フォロワー獲得のためのアクションを自動化し、あなたのインスタグラムのアカウント運用業務を効率化するサービスです。
累計2,000を越える様々なアカウントへ導入し、フォロワー数の増加実績は平均で3.7倍(6ヶ月利用)。高い安全性と多彩な機能を提供し、他のツールからの乗り換えが多いのも信頼の証です。

CTR IMG