インスタグラムマーケティング

【専門家大絶賛】フォロワーの多い美容師のカッコいいインスタグラムから学ぶ

 

最近では美容師がインスタグラムなどのSNSで多くのフォロワーをもち、増やすことは必須条件になっています。

というのも今や美容室は、日本全国に23.7万以上の店舗があります。

これはコンビニの数よりも多くなっていて、また毎年店舗数が増えているので、インスタなどのSNSを活用して集客することが必須になっています。

今回は、パンダメディアラボ編集部が、美容師がインスタグラムをどのようにSNSマーケティングに活かす事ができるのか、インスタのDMから美容室に予約してもらうためにはどのような施策を取るべきかを解説していきます。

インスタグラムの基本情報

インスタグラムマーケティングをやるにあたってまず大切なのはインスタグラムの基本的な状況や概要を把握することです。

インスタグラムとは?

インスタグラムは2010年にできた比較的新しいサービスです。

Instagramは、無料の写真共有アプリケーション。日本では略して「インスタ」とも呼ばれることもある。 コダックのインスタマチックおよびポラロイドのインスタントカメラに配慮してインスタグラムの投稿画像は正方形が基本である。(引用:wikipedia)

インスタグラムの特徴

インスタグラムの特徴は、やはり「画像で伝えられる」のが非常に大きいです。

これまでのSNSはTwitterやFacebookのように文章で伝達するのが基本でしたが、ビジュアルを売りにする美容室はそれらのSNSではサービスの良さを伝えることはできません。

インスタグラム上でもグルメや美容、旅行などのハッシュタグはずば抜けて使われているので美容室は相性が非常にいいと言えるでしょう。

ビジュアルで魅力を伝えるとすればYoutubeが挙げられますが、動画をしっかり撮影しようとすると、かなり時間やお金がかかってしまうのです。

しかし、インスタグラムであれば写真をパシャっと撮影し、次の瞬間には投稿できてしまう手軽さが活用しやすいところです。企業と違い、美容室は本業である美容師の仕事とマーケティングを同時に行わなければいけないため、なるべくSNS運用に負担をかけたくないというのが正直なところです。

インスタグラムは写真を撮影したら簡単に投稿できる。

さらに重要なのは、これは「投稿側が負担が少ない」なだけでなく、「ユーザーもパッと見で購買意欲を掻き立てられる」というところです。

インスタグラムの投稿で様々な情報(お店の雰囲気・実際のサービスの良さ・美容師の雰囲気・ライフスタイル)が、伝わるのです。

特に若い子では、細かい文字を雑誌や本で読んで情報収集するのではなく、パッと見て様々なものごとを判断するのに長けています。

だからこそ、「インスタ映え」という言葉が生まれましたし、インスタグラムが急成長している要因でもあるのです。

インスタグラムはみる方も楽チン。だから流行ってる!

下記の記事ではインスタグラムでできることや効果などをより詳しく書いているので是非参考にしてみてください。

美容室の集客課題をSNSで解決できるのか?

まず知っておかなければいけないのはSNSを活用すればターゲットとしている層にリーチすることができますが、あくまで認知してもらうという程度にとどまるということです。

より詳しい情報を与えて、新規顧客にするためにはホームページに誘導しなればいけません。よってSNSだけで集客が完結するのではなく、ホームページまでの導線を意識してマーケティングの施策を考える必要があります。

コミュニケーションツールであるSNSで魅力的なコンテンツを発信し、拡散され、そこで興味を持ってくれたユーザーをさらに囲っていきましょう。

SNSの特性を無視して売り込み感が出てしまっては逆効果です。あくまで SNSでは信頼を積み重ねるということを意識してください。

美容師向けインスタ活用の5つのコツ

このように、インスタグラムを使って美容師の方々は様々な工夫をして集客を実施しています。

ただ、ほとんどの美容師は、SNS運用が正直うまくいっていないのではないでしょうか^^;

よくある美容師アカウントの失敗が「とにかくカットしたあとの写真を上げればいい」と思って、後ろ髪だけが載っていることです。

ずらーっと画像のギャラリーが、後ろ髪一覧になっており、うまく切れているのか?どんな雰囲気のカットになるのか?などがパッと伝わりづらい事があります。

今の時代は「AといえばBだ!」ときっちり決める事が重要です。(特にまだ無名の美容師ほどそのほうがSNSでは一気にバズる傾向があります。)

これが自分の得意分野!!というものが必要

なので、まずは基本的なことからSNS集客に向けた5つのコツをお教えします!

 

テーマごとにアカウントを作り統一感をだす

インスタグラムのみならずSNSの運用で大事になってくるのがテーマを絞って統一感をだすということです。ターゲットのセグメントを明確にしてからアカウントを作成しましょう。幅広い層を狙うとある人にとってはノイズとして認識され、結果的にフォロワーが離れていきます。

美容室の場合、1つのアカウントをショートカットだけに絞ってもいいですし、30代女性だけに絞るのもいいと思います。

客層を絞れば訴求力(買い手の欲求に働きかける力)は格段に高まります。プロモーションをする際は、客層を絞るということを意識しましょう。

@nagata.kunihikoさんはボブヘアアレンジ専門のアカウントを運用しています。

ボブヘアを考えている人がこのアカウントのフォローを外すということはまず考えられないでしょう。

 

プロフィールをしっかり設定する

プロフィールは必ず「わかりやすく」「文字数いっぱい」記載する必要があります。

また、プロフィール画像も、写真もロゴやお店や自分を適当に写すのではなく、しっかりと考えて記載する必要があるのです。

このあたり、とても適当になっているアカウントが多いので気をつけてください!

プロフィールはわかりやすく文字数いっぱい。

 

プロフィールで最も重要なのは、

・このアカウントは、何のアカウントなのか?

・このアカウントをフォローする価値とは何か?

ということを明確に伝えてあげることです。

 

もちろん、プロフィールが良いだけではフォロワーが増えるわけではありません。インスタグラムは基本、アカウントの良し悪しは投稿の写真や動画、そしてストーリーなどで判断されます。

プロフィールをしっかり記入すると良いことが2つあります。

1つ目が、「どんなアカウントなのか?」を伝えられる重要な欄なのです。

例えば、カットのの写真が大量に上がっているアカウントは無数にありますが、それだけでは誰もフォローしたいとは思いません。

しかし、「デートのときにウケる髪型!!」と書いていれば、同じような悩み(デートのときの髪型をどうしよう?)と思っている女子の需要を満たして、フォロワー増加につなげることができるのです。

また、2つ目は「実際の集客や購入につなげることができること」です。

特に、良い写真が大量にあがっていて、フォロワーがどんどん増えても、顧客にならないと悩む方が本当に多いです。

一方で、フォロワーがそれほど多くなくても、定期的に顧客として獲得できている方もいらっしゃいます。

その違いは、プロフィール欄で、しっかり「予約方法」や「購入方法」が誘導されているかどうかです。

そういった、「ぜひこの人に髪を切ってもらいたい!」と思わせられるプロフィールにしているかどうかで、フォロワー数が少なくても集客につなげることができるのです。

 

美容院ナンバーワンアカウントの、アルバムヘアーのプロフィールが参考になります。

(ビジネス系のアカウントで、フォロワーが39万人は非常に凄いアカウントなのです・・・!)

集客できるハッシュタグのコツ

インスタグラムの投稿には、合計30個のハッシュタグ(#)をつけることができます。

まず、これをめいいっぱいつけてください!30個のハッシュタグをつけて凍結されることなどはありません。できるだけ露出を増やす為に、できるだけ多くハッシュタグをつけてください。

できるだけ多くのハッシュタグをつける!

美容師でアカウントをお持ちの場合は、新規顧客に対して検索をしてくれそうなハッシュタグを見つけていく必要があります。

よく美容師のアカウントを見ていて思うのは、「こんなハッシュタグ、誰が検索するんだよ(笑)」というものをよくつけていることです。

1 2