パンダメディアラボ編集部

【カフェ編】インスタグラムやSNSで集客をするためのコツ(ハッシュタグなど)

 

「近所のカフェが今インスタで話題になっていて凄い人がきている!」とびっくりされているカフェの経営者の方も多いと思います!

今回は、パンダメディアラボ編集部が、カフェでインスタグラムをどのようにマーケティングに活かす事ができるのか?について記事にまとめました。

現在カフェは、日本中に約6.7万店舗もあります。

一方で、日本人の人口は少なくなっており、お客さんになりうる人の数も、やはり競争は激化しているのです。

これまでテレビ広告などのマスメディアや口コミサイトなどの比較サイトを中心に集客が行われていましたが、現在最も盛り上がっている領域はSNS(ソーシャルメディア)と言われています。

その中でも特に、今回はインスタグラムを使った集客について解説できればとおもいます。

インスタグラムで集客できるの?

インスタグラムとは?

インスタグラムは2010年にできた比較的新しいサービスです。

Instagramは、無料の写真共有アプリケーション。日本では略して「インスタ」とも呼ばれることもある。 コダックのインスタマチックおよびポラロイドのインスタントカメラに配慮してインスタグラムの投稿画像は正方形が基本である。(引用:wikipedia)

インスタグラムの特徴

インスタグラムの特徴は、やはり「画像で伝えられる」のが非常に大きいです。

これまでのTwitterやFacebookのように文章でサービスの良さを伝えることには限界があります。

また、Youtubeなどの動画をしっかり撮影しようとすると、かなり時間やお金がかかってしまうのです。

しかし、インスタグラムであれば写真をパシャっと撮影し、次の瞬間には投稿できてしまう手軽さがとっても活用しやすいところです。

インスタグラムは写真を撮影したら簡単に投稿できる。

さらに重要なのは、これは「投稿側が楽チン」なだけでなく、「みる方もパッと見でわかる」というのが重要なところです。

これによって、様々な情報(お店の雰囲気・実際のサービスの良さ・店長や店員の顔や人柄・ライフスタイル・文化)というのが、なんとなく伝わるのです。

特に若い子では、細かい文字を雑誌や本で読んで情報収集するのではなく、パッと見て様々なものごとを判断するのに長けています。

だからこそ、「インスタ映え」という言葉が生まれましたし、インスタグラムが急成長している要因でもあるのです。

インスタグラムはみる方も楽チン。だから流行ってる!

なぜカフェの集客にインスタグラムは最適なの?

カフェの集客に最適な理由は、ずばり「見た目」が重要な要因になるからです。

これまでも「見た目」が重要な業界だった!

これまでも、雑誌やテレビなどでカフェが特集されるときには、

・お店の雰囲気

・カフェやスナックなどの美味しそうな見た目

おいしそうに食べている人の姿

・店員などの特徴

などが、総合的に判断されて、集客されていました。

この流れとマッチするSNSは、TwitterでもYoutubeでもなくInstagram(インスタグラム)です!

また、カフェだとラテアート的なものをやって見栄えをよくさせた写真をパシャッと取るだけでインスタグラムに投稿ができます。

最近のiphoneなどのカメラはかなり良いコンテンツが簡単に撮影できるのでおすすめです。だいたい1分くらいで撮影&投稿できるのが嬉しいですね。

忙しい業界の方でも、簡単に投稿することができる!

無料でビジネスアカウントにすると高度に集客可能!

知らない人も多いですがアカウントを集客に特化したビジネスアカウントというものがあり、この「ビジネスアカウント機能」はなんとインスタから無料でアップデートすることができます。

集客に特化したビジネスアカウント活用がおすすめ!

実は、一般人の方でもビジネスアカウントにすることは可能です。

つまり、お店のアカウントだけでなく、ひとりひとりの店員もビジネスアカウントにして、しっかりと集客に向けてアカウント運用することができるということです。

ビジネスアカウントにすることで、通常であればHPを載せることしかできませんでしたが、「メールアドレス」や「電話番号」など、これまで表示されなかったなどの機能の追加することができます。

特に、そういった情報コンテンツを載せられる「ビジネスプロフィール」がおすすめです。

ビジネスプロフィールは様々な情報が載せられる!

ビジネスアカウントにすると、「メールアドレス・電話番号・住所」の登録が可能です。

メールアドレスを登録すると、見てくれた方がメールを送る事が可能になります。また、当然、電話番号を登録したとすると、直接お店に電話をかけることができるのです。

そのほか、住所やお店の予約ページなどに直接誘導する機能もあるので、まずはビジネスプロフィールに変更し、実際に情報を登録して見てください。

例:(美容室の例)LIPPS MENS

カフェのインスタ活用成功事例

とはいえ、本当にカフェで集客に成功している事例があるかどうか気になりますよね?

そういった方向けに、全国でインスタグラムを使ったマーケティングを行なっているカフェを集めて見ました!

自然なカフェ! ONIBUS COFFEE

「日々の生活の中にコーヒーを」というコンセプトを掲げてそうな、和むアカウントがONIBUS COFFEEです。

店内の様子も自然をイメージした感じで、過ごしやすそうなのがわかります。

またこのアカウントのいいところが、豆を買ってもらったお客さんの写真を入れていても広告ぽくないところです。

ただ人が集まってきて、楽しそうに写真に魅せていて、ギャラリーも無駄がなく、とてもいい投稿の数々です。

美味しく見せる投稿! ONIJUS COFFEE VILLAGE

美味しそうと思わせる投稿の数々があるのはONIJUS COFFEE VILLAGEです。

料理によって角度を変えたり、寄りの具合を変えたりしていて、どの投稿の写真も「インスタ映え」かつきれいな写真になっているので参考になります。

投稿の文章やハッシュタグのところは改善の余地があるとは思いますが、ポテンシャルの高いアカウントです。

驚異のいいね率!! gelato pique cafe

驚愕のイイネ率を叩き出しているアカウントがgelato pique cafeです。

投稿のほとんどで8%〜10%超のいいね率を出せているのすごいです。

これならばフォロワーの数が少なくてもお店に来てもらえる人数は申し分ありません。

投稿の写真の良さは申し分ないです。

それだけではなく投稿の文章も食べたくなるような文章になっていて、イイネを押したくなります。

カフェ向けインスタ活用のコツ

このように、インスタグラムを使ってカフェの経営者は様々な工夫をして集客を実施しています。

ただ、ほとんどのカフェでは、SNS運用があまりうまくいっていないのではないでしょうか?

よくあるカフェアカウントの失敗が「とにかくすべてのメニューをあげればいい」と思っていることです。

ずらーっと画像のギャラリーが、メニュー一覧になっており、どれを食べて欲しいのか?なにが一番美味しいのか?などがパッと伝わりづらい事があります。

今の時代は「AといえばBだ!」ときっちり決める事が重要です。(特に有名で無い店舗ほどそのほうがSNSでは一気にバズる傾向があります。)

うちといえばこれ!というものが重要!

なので、まずは基本的なことからSNS集客に向けた3つのコツをお教えします!

 

集客できるハッシュタグのコツ

インスタグラムの投稿には、合計30個のハッシュタグ(#)をつけることができます。

まず、これをめいいっぱいつけてください!30個のハッシュタグをつけて凍結されることなどはありません。できるだけ露出を増やす為に、できるだけ多くハッシュタグをつけてください。

1 2