【カフェ必見】インスタグラムで集客するためのコツ(運用事例・ハッシュタグなど)

「近所のカフェが今インスタで話題になっていて凄い人がきている!」とびっくりされているカフェの経営者の方も多いと思います!

今回は、パンダメディアラボ編集部が、カフェでインスタグラムをどのようにマーケティングに活かす事ができるのか?について記事にまとめました。

現在カフェは、日本中に約6.7万店舗もあります。

一方で、日本人の人口は少なくなっており、お客さんになりうる人の数も、やはり競争は激化しているのです。

これまでテレビ広告などのマスメディアや口コミサイトなどの比較サイトを中心に集客が行われていましたが、現在最も盛り上がっている領域はSNS(ソーシャルメディア)と言われています。

その中でも特に、今回はインスタグラムを使った集客について解説できればとおもいます。

※記事の最後で、【無料お役立ち資料の「業界別!フォロワー1万人以下の企業Instagram事例集」】のダウンロードについてもご案内しておりますので、ぜひご覧ください。

SNSで人気のインスタグラムとは?

インスタグラムはFacebook, Inc.が所有する2010年にできたSNSです。

インスタグラムアカウントイメージ画像

画像引用:Facebook社 Instagramニュース

  1. 日々の情報発信し、認知を拡大する新たな共有手段
  2. タグ検索などで新しい顧客を発見するのに役立つ
  3. 既存のファンとつながり、コミュニケーションがとれる
  4. ビジネス機能、ショップ機能、「料理を注文」スタンプなど購入促進や集客に効果的な機能がある

個人やブランドがインターネット上にページを作り、写真や動画の「ビジュアル」で世界観を表現をしたり、多彩な機能を使ってコミュニケーションをすることができます。

なぜインスタグラムはビジネスで注目されているのか

国内月間アクティブアカウント数が3300万(参考:インスタグラム公式、2019年3月時点 Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破 – Facebookについて )で、
日本の人口は2021年時点で1.25億人ですので、4人に1人はインスタグラムユーザーといえます。

これまでは「女性ユーザー」が多い印象でしたが、30代~60代のユーザーも増え、また男性比率も43%となり、幅広い層がインスタグラムを利用しています。

国籍・性別・世代を問わず誰もが利用している多種多様なマーケットへと進化を続けているinstagramグラフ

【関連記事】【インスタ集客】ハッシュタグでフォロワー増加&認知拡大する方法を解説!

インスタグラムはハッシュタグで繋がるSNS

インスタグラムは、ハッシュタグでつながるSNSです。

株式会社電通の天野氏は「情報との出会い、検索行動は”ググる”から”タグる”へ変化」しているとおっしゃっています。

インスタグラムが浸透し、情報を集める方法としてグーグルなどの「検索エンジンからの情報収集」から「タグる」=「ハッシュタグを使ってSNSで情報収集をする」ことが増えています。

検索エンジンで見つけだした情報よりも、インスタグラムをはじめとするSNSで見つかる情報のほうがユーザー目線に近いものが多い点や、トレンドや流行など情報の鮮度が高い点が、昨今の検索行動が”ググる”から”タグる”へ変化している理由だと言えるでしょう。

【関連記事】https://panda-media-lab.com/follower_up_2021/

特に若い子では、細かい文字を雑誌や本で読んで情報収集するのではなく、パッと見て様々なものごとを判断するのに長けています。

だからこそ、「インスタ映え」という言葉が生まれましたし、インスタグラムが急成長している要因でもあるのです。

インスタグラムはみる方も楽チン。だから流行ってる!
カフェの集客に最適!インスタで注文できる最新機能を解説しています!

カフェの集客にインスタグラムは最適?

飲食店がインスタグラムを導入するメリットは、「写真共有SNSであるインスタグラムでなら、料理の写真でダイレクトにお店の魅力をアピールできる」ところです。

耳で聞く情報よりも何倍もインパクトがありますし、記憶に残りやすいです。

また、お店によってはランチを日替わりにしていたり、季節によって限定メニューを出しているところも多いのではないでしょうか。

そのような流動的な情報も、インスタグラムならリアルタイムでお客さんになる可能性のあるユーザーに伝えていくことができます。

カフェは店舗も商品も写真映えするため、「見た目」が重要な業界!

これまでも、雑誌やテレビなどでカフェが特集されるときには、

  • お店の雰囲気
  • カフェやスナックなどの美味しそうな見た目
  • おいしそうに食べている人の姿
  • 店員などの特徴

などが、総合的に判断されて、集客されていました。

この流れとマッチするSNSは、TwitterでもYoutubeでもなくInstagram(インスタグラム)です!

また、カフェだとラテアート的なものをやって見栄えをよくさせた写真をパシャッと取るだけでインスタグラムに投稿ができます。

最近のiphoneなどのカメラはかなり良いコンテンツが簡単に撮影できるのでおすすめです。だいたい1分くらいで撮影&投稿できるのが嬉しいですね。

忙しい業界の方でも、簡単に投稿することができる!
 

無料でビジネスアカウントにすると高度に集客可能!

知らない人も多いですがアカウントを集客に特化したビジネスアカウントというものがあり、この「ビジネスアカウント機能」はなんとインスタから無料でアップデートすることができます。

集客に特化したビジネスアカウント活用で、インサイトやリーチで、人気の投稿や実際に投稿を見てくれたアカウントの数を知ることができます。
 

実は、一般人の方でもビジネスアカウントにすることは可能です。

つまり、お店のアカウントだけでなく、ひとりひとりの店員もビジネスアカウントにして、しっかりと集客に向けてアカウント運用することができるということです。

ビジネスアカウントにすることで、通常であればHPを載せることしかできませんでしたが、「メールアドレス」や「電話番号」など、これまで表示されなかったなどの機能の追加することができます。

特に、そういった情報コンテンツを載せられる「ビジネスプロフィール」がおすすめです。

ビジネスプロフィールはURLや電話番号など様々な情報が載せられる!
 

ビジネスアカウントにすると、「メールアドレス・電話番号・住所」の登録が可能です。

メールアドレスを登録すると、見てくれた方がメールを送る事が可能になります。また、当然、電話番号を登録したとすると、直接お店に電話をかけることができるのです。

そのほか、住所やお店の予約ページなどに直接誘導する機能もあるので、まずはビジネスプロフィールに変更し、実際に情報を登録して見てください。

ビジネスアカウントに関しては、こちらの記事をご確認ください↓↓

カフェのインスタ活用成功事例

とはいえ、本当にカフェで集客に成功している事例があるかどうか気になりますよね?

そういった方向けに、全国でインスタグラムを使ったマーケティングを行なっているカフェを集めて見ました!

自然なカフェ! ONIBUS COFFEE

「日々の生活の中にコーヒーを」というコンセプトを掲げてそうな、和むアカウントがONIBUS COFFEEです。

店内の様子も自然をイメージした感じで、過ごしやすそうなのがわかります。

またこのアカウントのいいところが、豆を買ってもらったお客さんの写真を入れていても広告ぽくないところです。ただ人が集まってきて、楽しそうに写真に魅せていて、ギャラリーも無駄がなく、とてもいい投稿の数々です。

投稿のキャプションには店舗ごとの最新情報や営業時間、イベント、キャンペーン情報などがわかりやすく書かれています。投稿を見たユーザーがが、欲しい情報が丁寧に書かれていてわかりやすいですね。

美味しく見せる投稿! ONIJUS COFFEE VILLAGE

美味しそうと思わせる投稿の数々があるのはONIJUS COFFEE VILLAGEです。

まるでインスタグラマーかのようで、写真がおしゃれです。料理によって角度を変えたり、寄りの具合を変えたりしていて、どの投稿の写真も「インスタ映え」かつきれいな写真になっているので参考になります。

投稿の文章やハッシュタグには改善の余地があるとは思いますが、ポテンシャルの高いアカウントです。

驚異のいいね率! gelato pique cafe

驚愕のいいね率を叩き出しているアカウントがgelato pique cafeです。

投稿のほとんどで8%〜10%超のいいね率を出せているのすごいです。これならばフォロワーの数が少なくてもお店に来てもらえる人数は申し分ありません。

投稿の写真の良さは申し分ないです。それだけではなく投稿の文章も食べたくなるような文章になっていて、イイネを押したくなります。

カフェ向けインスタ活用のコツ

このように、インスタグラムを使ってカフェの経営者は様々な工夫をして集客を実施しています。

ただ、ほとんどのカフェでは、SNS運用があまりうまくいっていないのではないでしょうか?

よくあるカフェアカウントの失敗が「とにかくすべてのメニューをあげればいい」と思っていることです。

ずらーっと画像のギャラリーが、メニュー一覧になっており、どれを食べて欲しいのか?なにが一番美味しいのか?などがパッと伝わりづらい事があります。

今の時代は「AといえばBだ!」ときっちり決める事が重要です。(特に有名で無い店舗ほどそのほうがSNSでは一気にバズる傾向があります。)

うちといえばこれ!というものが重要!
 

なので、まずは基本的なことからSNS集客に向けた3つのコツをお教えします!

集客できるハッシュタグのコツ

インスタグラムの投稿には、合計30個のハッシュタグ(#)をつけることができます。

まず、これをできるだけたくさんつけてください!30個のハッシュタグをつけて凍結されることなどはありません。できるだけ露出を増やす為に、できるだけ多くハッシュタグをつけてください。

できるだけ多くのハッシュタグをつける!

カフェアカウントをお持ちの場合は、新規顧客に対して検索をしてくれそうなハッシュタグを見つけていく必要があります。

よくカフェアカウントを見ていて思うのは、「このハッシュタグは誰のためのなんだろう?」というものをよくつけていることです。

ハッシュタグをとにかくつけるだけつけていて、まったくどういうシーンで活用されるハッシュタグなのか意識されていません。

ここでは、必ずユーザーが検索しやすいハッシュタグをつける必要があります。

カフェの店舗アカウントがつけるハッシュタグと、ユーザーが検索するハッシュタグは違う。

実際に「顧客を集められるハッシュタグ」。つまり、実際に「検索されそうなハッシュタグ」をつける必要があるのです。

地名+カフェ

「#東京カフェ」「#原宿カフェ」「#表参道カフェ」「#吉祥寺カフェ」など、「地名+カフェ」などはかなり重要なハッシュタグです。

さらに「新宿」よりも「西新宿」など、より詳しい地域にすることが集客のコツです。

投稿が多いハッシュタグではなく、より顧客に刺さる詳細なハッシュタグにするようにしましょう。

比較的「ざっくりしたハッシュタグ」も使う

基本的に、ハッシュタグはより小さいニッチな領域を狙うようにおすすめしています。

ただし、カフェではユーザーが「ざっくりとしたハッシュタグでの検索」をしているようです。

例えば「#コーヒー」とか「#カフェラテ」とか、もう少しニッチだと「#エスプレッソ」とか「#カフェラテアート」などです。

もちろん、「ざっくりしたハッシュタグ」を使えば、幅広く認知拡大できます。

新しい顧客へのリーチ、つまりフォロワーを増やすには多くの人に見てもらうことも大事で、そのためには多少大きくても検索してもらいやすいハッシュタグの設定も試す価値はあります。

ただ、集客にしっかり結びつけるには正直大きなハッシュタグは避けたほうがいいです。

また投稿を載せる時間帯によってもハッシュタグを変えられるとより効果的ですが、それは難しいので専門家に頼ってもいいと思います。

顧客があげやすいハッシュタグを考案する

カフェで重要なのは、「どれだけ実際に来てもらった人にハッシュタグをつけて写真を撮影してもらえるか」です。

なので、インスタ映えする商品や、それを食べたならこんなハッシュタグをつけてね!という風な誘導をしっかりとする必要があります。

例えば「#非日常を(店名)で」みたいな語りのようなハッシュタグをつけてみるなどもおすすめです。

理由はオリジナルのハッシュタグが多く流通すれば、そのお店が人気だということが明確になり、急激な人気の増加につながるからです。

このあたりは少し専門的な知識や、アイディア勝負なところがあるので、専門家の方と一緒に相談して見るのもひとつの手かなと思います!

更に詳しいハッシュタグに関するヒントは、こちらの記事でご確認ください↓↓

プロフィールをしっかり設定する

プロフィールは必ず「わかりやすく」「文字数いっぱい」記載する必要があります。

また、プロフィール画像も、写真もロゴやお店などを適当に写すのではなく、しっかりと考えて記載する必要があるのです。

このあたり、とても適当になっているアカウントが多いので気をつけてください!

プロフィールはシンプルでわかりやすく、箇条書きでまとめる。

プロフィールで最も重要なのは、

  • このアカウントは、何のアカウントなのか?
  • このアカウントをフォローする価値とは何か?

ということを明確に伝えてあげることです。

もちろん、プロフィールが良いだけではフォロワーが増えるわけではありません。インスタグラムは基本、アカウントの良し悪しは投稿の写真や動画、そしてストーリーなどで判断されます。

プロフィールをしっかり記入すると良いことが2つあります。

「どんなアカウントなのか?」を伝えられる

例えば、コーヒーの写真が大量に上がっているアカウントは無数にありますが、それだけでは誰もフォローしたいとは思いません。

しかし、「彼氏が喜ぶコーヒーのいれかた」と書いていれば、コーヒーをより良く入れあげたいと思っている母親や女の子の需要を満たして、フォロワー増加につなげることができるのです。

実際の集客や購入につなげることができる

特に、良い写真が大量にあがっていて、フォロワーがどんどん増えても、顧客にならないと悩む方が本当に多いです。

一方で、フォロワーがそれほど多くなくても、定期的に顧客として獲得できている方もいらっしゃいます。

その違いは、プロフィール欄で、しっかり「予約方法」や「購入方法」が誘導されているかどうかです。

また、その商品が売れたお金で、より良いことをしている(例えば寄付やボランティアなど)ことがわかれば、より購入をしたくなるでしょう。

そういった、「ぜひこのお店に行ってみたい!」と思わせられるプロフィールにしているかどうかで、フォロワー数が少なくても集客につなげることができるのです。

ビジュアルにインパクトをつける

カフェなど視覚に訴えかけるサービスの場合は1枚目の写真が重要になってきます。

幅広いユーザーに「ここにいってみたい」と思わせ、「ここに行きたい」と思わせ実際に行動に移させるほどの視覚的なインパクトが必要になります。

写真だけでなく動画も使えば店の雰囲気もよく伝わり、魅力を感じてもらいやすくなるでしょう。

単にインパクトが強ければいいというのものではなくその店のこだわりが感じられるメニューなどを投稿して自社にあった独自のブランディングを心がけましょう。

位置情報は必ず入れる

Instagram位置情報を入れることができます。

ユーザーはハッシュタグだけではなく、「原宿」などの地名で検索することができます。

特に飲食店や美容室などのローカルビジネスには相性がいい機能なので、

各投稿に位置情報を活用しましょう。

動画の活用

カフェですとあまり進んで無いのですが、「動画」が今後SNSではかなり大きなキーワードになります。

それは、インスタグラムだけではなく、ツイッターなどもそうです。

もちろん、Youtubeなどは動画をまさに活用しているSNSですね。

例えば、以下のような「ラテアート」が浸透して来ています!

https://www.instagram.com/p/Bu8wfxGHP77/

こういった動画を見ると、「かっこいいな、かわいいな」「誰がやっているんだろう?」「お店が気になるな」などという感じになりやすいです。

画像以上に、情報を伝えることができる「動画」を今後もっと活用することが集客のコツになります!

もちろんアカウントのコンセプトに沿ってないような投稿として動画を無理やり上げる必要はないです。

最近では、「「ストーリーズ」機能を活用して動画を投稿し、「ハイライト」機能で動画をまとめることや、「リール」機能の活用もおすすめです。

ストーリーズに動画を投稿すれば、「ハイライト」機能でプロフィールページにピックアップしたい動画をカテゴリーごとにまとめることができるので、まるで動画版カタログのような使い方ができます。

「ストーリーズ」機能に関してはこちらの記事を合わせてお読みください↓↓

【無料お役立ち資料】業界別!フォロワー1万人以下の企業インスタグラム事例集

インスタグラムをどのように運用すべきかお悩みの方へ。
集客・販売促進のためにインスタグラムの活用を検討する際、まず初めに抑えておきたいのが、インスタグラム機能の活用方法です。

この資料では、パンダメディアラボの編集長が「このInstagramいいな!」「フォローしたい!」と感じたフォロワー1万以下の企業Instagramの『アカウント運用事例』を基に、参考にしたい『インスタグラム機能の活用事例』を業界別にまとめています。

この資料を是非参考にしていただき、
御社の集客方法にあわせたインスタグラムマーティングにお役立てください。
あなたのインスタグラムマーケティングが成功することを願っています。

本資料のダウンロードをご希望の方は、以下フォームにご入力ください。

>インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

インスタグラム運用自動化サービス「デジタルパンダ」

デジタルパンダは、フォロワー獲得のためのアクションを自動化し、あなたのインスタグラムのアカウント運用業務を効率化するサービスです。
累計2,000を越える様々なアカウントへ導入し、フォロワー数の増加実績は平均で3.7倍(6ヶ月利用)。高い安全性と多彩な機能を提供し、他のツールからの乗り換えが多いのも信頼の証です。

CTR IMG