インスタグラムマーケティング

【最新】インスタのビジネスアカウントの作り方とは?プロフィール設定の解除方法

 

「ビジネスアカウントの消し方や電話番号や住所などの情報の変更の仕方がよくわからない」「ビジネスプロフィールの種類などが分かりづらく、変更方法が分からない」などの質問を最近では多く相談を受けるようになってます。

インスタグラムはいまではマーケティングビジネスを行う上で欠かせないものとなっています。

しかし依然として、ノウハウやセオリーというのが見えづらくなっているのも現状で、それらの問題を引き起こす要因としてインスタグラムのアップデートなどが挙げられます。

インスタグラムは定期的にアップデートを行い、それによりボタンの位置や、昨日の追加によってより高度な技術が必要になってきています。

今回はアップデートによって大幅に変わった個人アカウントから、ビジネスアカウントへの移行の仕方、ビジネスプロフィールの設定や見方、その戻し方について写真を用いてわかりやすく説明していきたいです。

ビジネスアカウントとは?

ビジネスアカウントという機能が追加されてだいぶたち、今では多くの人が使っています。

ビジネスアカウントは企業や法人が使っているイメージが強いと思いますが、一般人でも使えて、インフルエンサーとして活動する人には必須のツールになっています。

では必須のツールとなる理由としてはいくつか挙げられます。

ビジネスアカウントでできること

まずビジネスアカウントですが、個人アカウントと大きく違う点が4つあります。

  • インサイトが見れる
  • ビジネス情報が公開できる(電話番号、メールアドレスなど)
  • 自社のサイトやサービスなどに誘導できる
  • インスタグラム内で広告が打てる

これらの機能の追加によってインスタグラムで獲得したフォロワーや、投稿を見てもらえた人などを、自分のサービスや商品へ誘導しやすくなります。

また自分のサービスのプロモーションの効果が上がることも期待されます。

いままで自分の投稿やプロフィールがどんな人に見られて、どんな人達にフォローされていたかがよくわからなかったです。

しかしインサイトが見れることで、何曜日にどんな地域の人が見てくれたのかなどがわかるようになり、より簡単に投稿を分析しやすくなりました。

インサイトで確認しながら、ハッシュタグやホーム画面からなど、インプレッションまでの経路を自分で分析してみよう

ビジネスアカウントを使うメリット

ビジネスアカウントに、個人アカウントから移行することで、追加機能があることはわかっていただけたと思います。

しかし「実際にその機能によってもたらされるメリットが有るのか?」「ただつかづらくなっただけではないのか?」と感じられるかもしれないです。

そのために、追加された機能がどんな人にでも等しくメリットがることを紹介します。

 

1.インサイトが見れる

ビジネスプロフィールにした際の一番のメリットがこのインサイトです。

いままでの個人アカウントではわからなかった、リーチ数やインタラクション数、見てくれた人の年齢層などがわかるようになります。

これにより「どんな人が、どんな挙動をして投稿を見てくれたり、イイネをしてくれたり、コメントをしてくれるのか」が一目瞭然になります。

これにより「自分が目指しているターゲット層へアクセスできているのか?」などがわかったりします。

ほかにも自分たちでは気づけなかった、ターゲット層への可能性が見えてきたりするので、1週間単位で投稿の質などをいじって実験した上で、分析してみるとより良い結果が生まれたりします。

 

2. ビジネス情報が公開できる(電話番号、メールアドレスなど)

どのように表示されるかは下のプロフィールの設定のところで説明をさせていただきます。

ビジネス情報が公開できるようになったことによって、投稿を見てくれた人から、サービスや商品への流入がしやすくなります

個人アカウントのときは、

  1. 投稿に関連した検索をしてもらう
  2. 投稿を見てもらう
  3. 投稿に興味を持ってもらう
  4. 投稿に関する商品やサービスを検索してもらう
  5. 商品を吟味してもらう
  6. 買ってもらう

これの①〜③を繰り返してもらった中の一部のお客様が④以降に進んでもらえるという感じです。

しかし④の検索をしてもらうステップが手間と時間のインターバルを生み、「やっぱりいいか」という心情を多く生み出す可能性が高くなっています。

そのなかで、インターバルができることで高い離脱率、つまり多くのお客さまを逃してしまっていることになります。

しかしビジネス情報を公開できれば④のステップを取り払うことができて、「直感的」にお客様に商品の購入やサービスの導入をしてもらえます

これにより離脱率が格段に低くなって、より多くのお客様に自社のいい製品をお手元に届けることが可能になります。

これは自社のECサイトを載せたり、予約ボタンを作った場合の一例であります。

電話番号を載せたり、メールアドレスを載せた場合ではお客様の挙動に違いが出てきたりしますが、根本的な「直感的に行動をしてもらう」という点を促すことには繋がります。

この行動原理を推奨し、促せるのがビジネスプロフィールの強みです。

 

3.インスタグラム内で広告が打てる

インスタグラムでは独自の広告ツールが有り、インスタグラムのビジネスアカウントを持っていないとそれを活用することができないです。

インスタグラム内に出てくる広告とは実際にはどんなものでしょうか?

こんな感じで、自分がフォローしているアカウントの投稿の間に、広告の投稿が差し込まれる感じになります。

差し込む場所やユーザーはインスタグラムが選定していて、なるべくユーザーが見ている投稿と違和感のないようにうまく差し込んでいるようです。

差し込むユーザーは自分たちである程度ターゲット層を絞る必要がありますが、そこから先はインスタグラムの優秀なマーケターがやってくれます。

他の広告より手間暇が少なく、またより多くのユーザーに届けることも可能です。

ただ注意が必要なのはインスタグラム広告を打ち出す際にはFacebookアカウントが最低限として必要です。

ビジネスアカウントへの移行の仕方

ビジネスアカウントに移行しているアカウントは数多くあります。

その理由の多くは分析ができることです。

インスタグラムにおいて分析は必須となり、アナライズが上手い人がインスタグラムで成功するようになってきています。

なのでインスタグラムからのコンバージョンや、インスタグラマーになろうと思っている人は、まずビジネスアカウントにしてみるといいです。

ビジネスプロフィールに切り替えるときの確認事項や注意点

少し前までは、ビジネスプロフィールに切り替える際にFacebookページを持っていることが必須でした。

しかし、最近では電話番後か、E-mailだけでビジネスプロフィールへの移行ができるようになりました。

なので手軽に移行ができるようになりました。

しかし、確認事項としては、フリーのメールアドレスなど最低でも一つは自分の情報を開示しないといけないので、そこだけご注意ください。

ビジネスアカウントへの移行の手順

ここからは本題のビジネスアカウントへの移行方法です。

インスタグラムは前で述べたようにアップデートが入って、前のバージョンと少しボタンの位置が変わってたり、設定の項目が変わってたりしてます。

今回はアップデート後の最新のビジネスアカウントへの移行の仕方を紹介していきたいと思います。

1.個人アカウントのプロフィールを編集のボタンを押します。

2.次にプロフィールの編集画面のInstagramビジネスツールのボタンを押します。

3.そうするとInstagramビジネスツールへようこそと表示されるので、次へを押します。

4.ビジネスプロフィールの選択カテゴリーでは、自分のビジネスアカウントがどんなアカウントに属すかを決めるところで、なるべく自分のアカウントが属すところを選択します。それができたら次へを押します。

5.ビジネスアカウントの設定では「メールアドレス」or「電話番号」or「住所」のどれかを設定した上で、次へを押します。

6.Facebookとリンクという画面になるので、リンクさせたい人はさせてよくわからないやさせたくないなと言う方今はFacebookにリンクしないというボタンを押します。

これでビジネスアカウントへの移行は終了になり、詳細なビジネスプロフィールの設定や、インサイトを見るなどの、追加機能が使えるようになります。

ビジネスプロフィールの設定方法

少しわかりにくいですが、下の画像が「自分のアカウントの設定画面」と「フォロワーから見える側」の比較画像になります

これらの設定はなるべくできるだけ多くの設定をしたほうがいいです。

今の人気アカウントの傾向としては、ラフな感じですが丁寧なところは丁寧にするという感じです。

つまり自己紹介での口調は少しラフにして親近感をもたせて、上げる情報はしっかりと上げて、フォロワーの欲しい情報はプロフィールでまかなえるようにしています。

では何をどんなふうに気をつけながら設定したほうが良いのかを簡単に紹介します。

もし見てくださっている方で、簡単ではなく詳しくしっかりと教えてほしいという方にはこちらのサイトをおすすめしています。

【保存版】フォロワーが増えるインスタグラムのプロフィールの書き方

①アカウント名

アカウント名は検索される際に使う名前です。

記号は_(アンダーバー)以外は使えないです。

こちらの特徴は他のユーザーと同じアカウント名にできないです。

アカウント名をてきとうに、aaabbb1234とすることも可能ですが。

ただできることなら、自分がやっていることに近いアカウント名にしたほうがいいです。

例:犬の写真を上げる=dog_instagram123、美女の写真を上げる=beauty123、など

②プロフィール写真

こちらはアカウントを象徴する写真になります。

検索したときにまず見られます。

このプロフィール写真は一番きれいに取れていて、自分のアカウントとマッチした画像を選ぶといいです。

そしてなるべく引きの写真を載せなようにするほうがいいです。

インスタグラムアカウントのアイコンに表示される画像になるので、メインにしている写真が小さい写真だと、何の写真なのかが分からなくなってしまいます。

「わかりやすく、きれいな写真を」を心がけて、乗せるといいです。

③ユーザーネーム

ユーザーネームはプロフィールでしか見られないですが、他の文字と違いボルド(太い文字)で表示されます。

なので少しユニーク名前にして、少しボケてみるのも悪くないです。

またニックネームや、何かをもじった名前にしてみるのもいいです。

その他にも、名前にせずに「格言・名言集」とアカウントの特徴を表す言葉でもいいです。

④ウェブサイト

こちらは自分の持っているWeb Pageに飛んでもらえるようになる場所です。

1 2