機能一覧

DIGITALPANDAの教科書(機能や使い方一覧)

はじめに

私たちが開発した「DIGITAL PANDA(デジタルパンダ)」の利用方法を説明します。

DIGITAL PANDAは、Instagram、Twitter、Youtubeなど様々なSNSに対応した総合ソーシャルマーケティング支援サービスです。

まず大前提として、設定作業は非常にめんどうです。

非常に高度なマーケティングが可能なのですが、その分かなり複雑な設定業務となっています。

そのため、初期設定に関しては、DIGITAL PANDA販売パートナー、もしくは弊社のSNSアドバイザーなどにご相談いただくのが非常にシンプルとなっております。

[ボタン]

目次一覧

[目次]

第1章 DIGITAL PANDAを理解しよう

DIGITAL PANDAとは?

DIGITAL PANDAは、InstagramやTwitterなど主要なSNSに対応したマーケティング支援サービスです。

対応サービスは、Instagram・Twitter・Youtube・Facebook。

そして、LINE@・TikTok・Linkedinなどにも今後対応予定となっております。

これほど多くのSNSに対応するマーケティングオートメーションツールは日本初です。

利用目的

弊社のサービスは、主にフォロワーを増加することや、エンゲージメント率(フォロワーからの反応率)をあげることにあります。

ターゲティング

まず、弊社のサービスではターゲティングを実施し、ターゲットとなるユーザーの分析を行います。

詳しくはこちら

SNSオートメーション

自動的にSNSを運用し、いいね・フォロー・コメント・DMなどアクションを実施いたします。

これにより、ターゲットとなるアカウントから気づいてもらうことができます。

詳しくはこちら

ファン増加(フォロワー増加)

ターゲットとなるユーザーは、「いいね」や「フォロー」されると誰からフォローされたんだろう?と気になります。興味があればフォロワーになってくれます。

美容院や飲食店での導入事例はこちら

アナリティクス分析

弊社では、どのターゲット、ハッシュタグ、エリア、アクションなどがより効果的であったかを分析しております。

データを元に、アカウントの運用方針等を弊社のSNSアドバイザーがご提案いたします。

実際の分析データはこちら

ご利用イメージ

弊社のサービスを、原宿のカフェが導入いただいたとすると、以下のようにターゲットにアプローチいたします。

1.まずターゲットの分析を行います。

ご面談・ご相談時に、ターゲット内容についてお聞きします。

内容を元に、弊社にてターゲット選定を行わせていただきます。

2.人工知能による分析

弊社のAI(人工知能)によって、投稿内容・プロフィール文・画像分析・ハッシュタグなどから、年代・性別・位置情報・興味関心・職業や国籍まで分析いたします。

これらの情報を元に、自動的にアクションを行います。

3.自動アクション

いいね・フォロー・DM・コメント・ストーリーへのコメントなど、さまざまなアクションを行うことが可能です。

弊社サービスでは、アクション数は設定することが可能です。

極論、1日100億回のアクションなども可能ですが、そのようなリクエストをSNSへ送ると、強制的に凍結され2度とアカウントを利用できなくなります。

その為、最大値としてアクション数は1日1000〜1500程度とお考えください。

(どうしても試したいという方はご相談ください・・・。不可能ではありませんが凍結リスクは非常に高いです。)

リスクなどについてはこちら

4.アクションからの反応

例えば、原宿(位置情報)にいる約300万アカウントのユーザーの中から、大学生の女性(年代や性別)によって150万アカウントまでターゲットを絞り込み、最終的にカフェに興味のある(ハッシュタグなど)ユーザーである100万人にだけアプローチいたします。

ターゲット側も新しいカフェの情報を求めていることが多いので、「こんなところに新しいカフェがあったんだ!」とポジティブな反応を示してくれます。

実際の効果・数字はこちら

サービス導入メリット

サービス導入には、以下のようなメリットがあります。

①フォロワーが増加する。

やはり、なんといってもフォロワーが増加することが一番のメリットです。

また、使い方として「アカウントをフォローしてくれているユーザーにだけアクションする」こともできます。

これにより、一度フォローしてくれたユーザーのエンゲージメントも高めることができます。

②運用業務の削減

例えば、1日1500アクションを行なったとします。1アクションを正確に行うために分析して1分に1度アクションしたとしましょう。

すると、なんと25時間もかかってしまう計算になります。(1500➗60=25)

実際に25時間もの作業を、事業者の方が割くことは難しいでしょう。

③SNSのプロによる運用でリスク回避

では、連続でアクションを行えばどうでしょうか?

時間を削減できたとしても、1分毎、1時間毎、などの制限によって凍結されます。

弊社サービスでは、30秒~60秒程度の感覚をあけてアクション別に管理しております。