パンダメディアラボ編集部

【図解】初心者でも5分でよくわかる!Facebookで出来る事や用語集まとめ

こんにちは。パンダメディアラボ編集部です。

今回は、フェイスブックについて初心者で基礎的なことから知りたい!という方向けの記事です。

現代ではFacebookなどのソーシャルマーケティングは、ビジネスにおいて欠かせない要素となっております。

実際にフェイスブックというものがどのようなことが出来るのか?どんな機能があり、実際のビジネスの現場でどのように活かせるのか?ということについて色々と取りまとめました!

Facebook(フェイブック)とは?

では、フェイスブックとはそもそも何なのか?というところから解説したいと思います。

Facebookは本名制のSNS

フェイスブックとは、Facebook社が提供しているソーシャルネットワーキングサービスです。その最大の特徴は、「本名制」という、SNSで一般的な匿名制度ではない形をとっていることです。

これによって、本当の人でなければ(ほとんどの場合)登録することができません。現在では、名刺がわりのような形で、友達やビジネス交流会で盛んにFacebookアカウントの交換がされています。

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である[5]。Facebook, Inc.はアメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA[6][7][8]、FAANG[9][10]の一つ。 Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している[11]。(引用:Wikipediaより)

創業者は有名なマークザッカーバーグ

創業者は、ソーシャルネットワークという映画の主人公のモデルにもなった、マークザッカーバーグという大学生です。(現在は、退学し起業家として活躍していますが。)

元々は、ハーバード大学の大学生向けのサービスとして運用が開始されました。しかし、そこからアイビーリーグ(米国でのトップレベルの学校群です)に広まり、アメリカ全土へ。

そして、日本など世界中に広まり、多くの人に使われるサービスとなりました。

マーク・エリオット・ザッカーバーグ(Mark Elliot Zuckerberg、1984年5月14日 – )は、アメリカ合衆国のプログラマ、実業家。Facebookの共同創業者兼会長兼CEO。 ハーバード大学在籍中にソーシャル・ネットワーキング・サービスサイト「Facebook」を立ち上げた[注釈 1]。2010年のTime誌「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。(引用:Wikipediaより)

Facebookは多くのSNSを保持

Facebookには、多くのSNSがあります。実は、「インスタグラム」「ワッツアップ」「Lasso(ラッソ)」などのアプリも開発運営しています。また、VR領域における、「Oculus」なども買収しています。

Instagram(インスタグラム)

言わずと知れた、若者に大人気のSNSです。画像を中心としてフィードで構成されており、動画や画像といったコンテンツが中心となっております。Facebookとは違い、基本的には匿名性で、本名を隠して運用することも可能です。

Whats App(ワッツアップ)

ワッツアップというメッセージアプリも買収し獲得しました。ワッツアップは、LINEなどと似たチャット形式のメッセーンジャーアプリです。LINEのユーザー数が1億人前後に対して、Whats Appのユーザーは4.5億人と世界最大規模のアプリとなっています。

Messenger(メッセンジャー)

フェイスブックとほとんど同期しているので「別のアプリ」としてあまり認識されていませんが、Messengerは独立したアプリケーションです。Facebookアカウントを持っている人と、チャットなどで個別にメッセージすることができます。Facebookを使っている人のほとんどが使っているのではないでしょうか。

Lasso(ラッソ)

Lassoは比較的新しいサービスです。FacebookがTikTokなどの短編動画アプリ(ショートムービー)においてユーザーを取られているため、競合サービスとして登場しました。現状は、まだまだ市場はTikTokに奪われている状況ですが、これまでのInstagramやFacebookなどのユーザーがいるLassoにもひっくり返すチャンスはまだまだありそうです。

Oculus(オキュラス)

VR(仮想現実)などを見ることができるデバイスの2巨頭のひとつです。パルマーラッキー氏という創業者はいますが、Facebook社が将来的なサービス展開に向けて買収を仕掛けました。現在は、HTC Viveなどの競合デバイスはあるものの、Oculusでのサービス開発はかなりエンジニアにとってもやりやすいので、Oculusもかなり普及しています。

Facebook(フェイスブック)特徴的な機能

Facebookには、他のSNSにはない(あるいは、フェイスブックが元祖)のオリジナリティあふれる機能がたくさんあります。「SNSといえばFacebook」と言われるほどですので、ぜひその元祖の機能や特徴について詳しく理解してみてください。

みんなの近況がわかるニュースフィード

現在ではほとんどのSNSに「ニュースフィード」あるいは「メインフィード」という概念がありますが、Facebookも非常にこのニュースフィードを大事にしています。

ニュースフィードでは、時系列で友達の最新情報や、フォローしている企業ページの情報、あるいは自分に興味がありそうな広告や、盛り上がっているコメントやいいねの多い投稿などが順番に表示されます。

このニュースフィードを1日みているだけでも、どんどん自分が興味のある領域に関する情報が流れてくるので没頭してしまいそうになります。

いいね(Like)や感情でコミュニケーション

「いいね」という気軽なコミュニケーションを生み出したのもFacebookが元祖と言われています。それまでの掲示板などでは、実際になにかをコメントしないとコミュニケーションできませんでした。

しかし「Like(いいね)」という概念によって、ワンタップで非常に簡単にポジティブな意見を伝えることができるようになりました。

写真にタグづけで交流が深まる

Facebookでは、写真や動画も非常に簡単に貼り付けて交流することができます。また、タグづけによって非常に簡単に誰が写っているのか?をみんなに知ってもらうことができます。

また、写真に写っている人物なども細かく分析されていたり、その写真自体に何が写っているか?などの情報も細かくFacebookは分析しています。(非常に高度である一方で、セキュリティやプライバシーの問題も発生しています。)

グループ機能でコミュニティ作り

またFacebookには「グループ」という便利な機能もあります。

最初から友達のメンバー同士でグループをつくり情報共有することもできますし、逆に全く知らない人とFacebookで初めて友達になることもできるでしょう。

好きなものや趣味から、ビジネスの領域、その他様々な条件でグループもすでにありますし、自由に新しいFacebookページを作成することもできます。

メッセンジャーで個別チャットも可能

また「メッセンジャー」というサービスもあり、個別のチャット形式のコミュニケーションも可能になっています。

LINEやInstagramのDMに近い機能ではあるのですが、Facebookでは比較的距離感はあるものの本名でお付き合いしている人同士で繋がりあうときに利用されている印象です。

ページ機能でビジネス活用もできる

また、何かサービスを展開している場合であれば、「ページ」機能を利用することで、自分自身のアカウント以外に、サービスのアカウントなどを持つことができます。

また、このアカウントの権限を会社の仲間などに共有することによって、より円滑にサービスページを運用することが可能です。

他のSNSとの違い

匿名ではなく実名(本名)制である事

やはりFacebookの最も大きな特徴は実名制というところです。

もちろん、メリットやデメリットはあるのですが、本名であるゆえに、やはりリアルの関係をインターネット上にも持ち込みやすいという特徴があります。(つまり、ビジネス上の付き合いでもFacebookで延長線上で仲良くなることができます。)

ただし、逆にFacebook上で喧嘩してしまったり、口論してしまうと、リアルの関係も気まずくなってしまったりします。TwitterやInstagramなど匿名性サービス上で喧嘩になっても、匿名なのでリアルで何か問題が起きることはないのですが、そういった違いはありそうです。

世界中で使われているSNSである事

Facebookは世界中で使われているSNSです。日本でも、招待制のSNSなどありましたが、やはり世界中の友達と仲良くなれるというのはかなり大きな特徴です。

1 2