インスタグラムマーケティング

企業・お店がインスタのフォロワーを増やす方法やコツ

企業やお店のインスタアカンウトの担当者からよく「フォロワーを増やす方法を知りたい」というご相談をいただきます。企業のアカウントを運用する方法は個人のアカウントのそれとは異なってきます。このページを読めば企業アカウントを運用するにあったって必要な知識は全てつくでしょう。かなりボリュームが大きいので必要な部分だけを読むことをお勧めします。

デジタルマーケティングでのSNSの立ち位置

ユーザーを行動に導くメディア戦略

ここからはInstagramマーケティングで何ができるか、どのような目的の設定や施策が 可能かを解説します。はじめに、インターネットでのユーザー行動を「AISAS」(アイサス)モデルで確認します。インターネットで商品を「認知」し「興味」を持ったユーザー は、「検索」などで情報収集し、十分な理解や納得ができたら、購入やサービス利用といった「行動」に至る。そして、SNSなどで商品の感想を「共有」する、というものです。

SNSのユーザーは、次ページの例のように商品を「認知」し、やがて「行動」に至り、 商品を気に入れば「共有」も行います。これはほんの一例にすぎませんが、ユーザーと して同様の行動をした経験のある人は多いはずです。

AISASモデルを企業の視点から見ると、商品を販売し続けるためには、まずユーザーに 商品を「認知」してもらわなければ始まらないことがわかります。そのうえで「関心」を 持ち、理解して購入(行動)してもらうことが必要です。ユーザーの「行動」が、成果を得てビジネスのゴールに至る「コンバージョン」となります。コンバージョンのため、企業はユーザーの「認知」から「行動」までの道筋を作るメディア戦略を考えることになります。 

メディアにはテレビ、ラジオ、新聞、雑誌から街頭のポスターやチラシなど、さまざまなものがありますが、現代ではウェブメデア、特に利用者の増加が激しいスマートフォン向けのメディアを、どのように活用するかがカギになります。AISASに続けてメディアの特徴を、さらに詳しく見ていきましょう。

ウェブのトリプルメディア

ウェブメディアでのマーケティング戦略を考えるときには、「トリプルメディア」のそれぞれの特徴を頭に入れておく必要があります。トリプルメディアとは、性質の異なる3種類のメディアで「ペイドメディア」「オウンドメディア」「アーンドメディア」のことです。インターネットの初期からあったペイドメディア、オウンドメディアに、SNSの流行で存在感を増したアーンドメディアが加わり、トリプルメディアと見なされるようになっています。

それぞれのメディアは、AISASモデルの異なる段階でユーザーに影響を及ぼすことができます。ユーザーにメディアと接触してもらうための集客方法が異なる点にも注目してください。

ペイドメディア

広告など、企業が料金を支払って利用できるメディアです。メディアが集客し、企業は料金を支払うことで自由なメッセージを発信できます。

ユーザーの「認知」の獲得や、セールなどで「行動」を促すサイトへの誘導に向き、費用をかけることによって短期間で大きな成果を出すことが可能です。

オウンドメディア

企業の自社サイトなど、企業が所有しているメディアです。企業は特別に料金を支払うことなく自由なメッセージを発信できますが、集客も自社で行う必要があります。 すでに商品を認知して情報収集のため「検索」しているユーザーや、問題の解決方法を検索しているユーザーに向けて情報を発信し、「認知」から「検索」段階のユーザ 働きかけることができます。成果を出すには、ペイドメディアとは異なり時間をかけて地道にメディアを育てる取り組みが求められます。

アーンドメディア

信用や評価を獲得するメディアのことです。SNSなどユーザー自身やユーザーが作成したコンテンツが主役となる場を指し、企業も1ユーザーとして発信やコミュニケーショーンを行うことになります。人気のサービスには多くのユーザーが集まっていますが、企業のメッセージを届けるには、サービスに合った工夫が必要です。

一般的なSNSは企業が情報を発信し、ユーザーとコミュニケーションすることで「認知」から「行動」の手前までの道筋を作ることができます。また、ユーザーの投稿が口コミ情報として「共有」され、新しいユーザーの「認知」を獲得したり、「検索」するユーザ に情報を提供したりすることもあります。SNSで自社のブランドや商品に関する投稿が えることで、「行動」以外の各段階にいるユーザーに影響を与えることが期待できます。

アーンドメディアがほかの2メディアとは異なる点として、企業が情報をコントロールできる範囲が狭いことがあります。ペイドメディアとオウンドメディアは、企業が主導して、どのようなコンテンツを、 どこに載せるのかを決められます。アーンドメディアでも企業からの発信としては同じことができますが、ユーザーからの発信はコントロールできません。

企業のアカウントも1ユーザーにすぎないので、メディアを支配する主役は圧倒的に一般のユーザーになります。アーンドメディアにおいて企業が成果を出すには、主役であるユーザーの属性や行動、価値観、メディアの文化などをよく知って、適切なコミュニケーションを取ることが必要です。

 

プロフィールを書く5つコツを抑える

Instagramでは、企業に関する情報を伝えられる場所がアカウントのプロフィール画面しかありません。プロフィールの設定は、フォロワーを増やすためにも、 コミュニケーションをより深くするためにも非常に重要になります。

プロフィールとして設定できるのは、[名前]、[ユーザーネーム][ウェブサイト][自己紹介][プロフィール画像]の5項目だけです。役割と設定すべき内容を見ていきましょう。

覚えて欲しい正式名称を設定する

氏名や企業名、ブランド名です。英数字とアンダーバーしか使えないユーザーカ とは違って日本語も使えるので、正式な名称を設定します。企業のアカウントは名前か自己紹介に「公式」であることを明記しておくようにしましょう。ユーザーから企業の公式アカウントだとわかりやすくなります。キャンペーン用だけに使うアカウントの場合は 「○○キャンペーン事務局」のように目的がわかる名前にします。

ユーザーネームを覚えやすい文字列にする

いわゆるアカウント名。英数字とアンダーバーで入力します。一般にはユーザーネーム でアカウントが認知され、キャプションやコメントで「@dekirunet」のように先頭に「@」 を付けて書き込むことでメンション(通知される言及)を行ったりできるので、覚えやす く、入力しやすいものが望ましいです。

ユーザーネームはアカウント作成後に変更することも可能ですが、ユニークでないとい けません。ほかのユーザーと重複できず、早い者勝ちとなります。

ユーザーを誘導したいURLを設定する

サイトURLを1つ設定できます。これが、Instagramで唯一の外部サイトへのリンクを張れる場所となります。ブランドの公式サイトやECサイトなど、ビジネスの バージョン)につながるURLを設定しましょう。

ユーザーに期待して欲しいことを書く

企業やブランドの説明文を入力します。150文字の制限があるので、ターゲットの関心をつかむ内容を入れ込みましょう。立ち上げ段階のまだ写真が少ないアカウントは、日々どんな投稿をするかを書くと親切です。例えば、「日々移り変わる京都の景色を撮影しています。」と書いておくと、ユーザーはどのような写真が期待できるのかがわかり、フォローするかどうかを決めやすくなります。

できるだけ人の存在を感じさせる

投稿の左上に毎回表示される画像です。自社の規定として、SNSのアイコンにはロゴな どの使用が決まっている場合も多いと思うので、規定があればそれに従って設定します。

自由に設定できる場合は、できるだけ「人」の存在が感じられるものにしてください。 担当者が顔を出しなくない場合は、斜め後方から撮った写真などでも構いません。チー ムで運営している場合は集合写真、キャラクターがいる場合はキャラクターの画像でもい いでしょう。

ユーザーは、プロフィール写真を投稿された写真の撮影者として認識します。人間味を感じられるプロフィール写真にすることで、ユーザーがコメントするハードルが下がったり、親しみを感じてくれたりします。

コンセプトを決める

Instagramにどのような写真を投稿するか、コンセプトを決めます。「何を伝えて」「どのような感情を引き出したいか」を考え抜きましょう。

ここからはInstagramの自社アカウントを作り、運営する方法を解説します。運営の目的は、第1にブランディングとしましょう。フォロワーを増やし、エンゲージメントを高めることが、ブランディングにもコンバージョンを目指すにも、まずは必要です。

ブランディングのため、最初にターゲットを明確にします。

このターゲットとは Instagramで紹介したい商品やサービスで設定されているものです。多くの場合は「10〜30代女性」「40代以上を中心とした旅行者」のように、ターゲットの大まかな属性が決まっている場合が多いでしょう。

次に、ターゲットが求めている情報は何かを考え「何を伝えるか」を決めます。私達が この段階でクライアントとの打ち合わせで使う方法は「『○○といえば(自社商品)!』と 言われるブランドになるとしたら『○○』は何か?」というブレインストーミングです。

例えば「スターバックスコーヒー」なら「おしゃれな喫茶店といえば?」で多くの人が 名前を挙げるでしょう。「カジュアルで実用的な服といえばユニクロ」「お笑いといえば吉 本興業」など、強いブランドには「○○といえば?」で多くの人が思い浮かべるキーワー ドがあります。

ここで考える「○○」は、要するに「何で想起されたいか」というキーワードです。もっ と小規模な、個人経営の喫茶店のマスターと一緒に考えるなら、「おしゃれな喫茶店」だけで大手ブランドと勝負するのは難しいので、店の特徴やアピールしたいことを考えなが ら、アイデアを出していきます。「ピザトーストが分厚い」「水出しアイスコーヒーが絶品」 「いつでもジャズの名曲が流れている」「ピアノがあって生演奏を楽しめる」「駅から徒歩2 分」「待ち合わせに最適」など、思いつくままに挙げた中から、もっとも重要なメインの キーワードを1つ、サブのキーワード2~5個程度を決めます。

ここでは「いつでもジャズの名曲が流れている」をメインのキーワードに、「水出しアイ スコーヒーが絶品」をサブに、投稿のコンセプトを考えてみましょう。

 

投稿のタイミングを把握する

時系列のデータ推移をみる

Instagramでは現時点でのフォロワー数を確認できても、時系列の推移を見ることはできません。分析サービス「Iconosquare」(イコノスクエア)を利用しましょう。

Instagramには管理画面やレポート画面が用意されていないため、効果測定に必要なデータをわかりやすい形で取り出せません。そこで外部のサービスを利用してデータを分析するようにします。

ここでは「lconosquare」という英語の分析サービスを利用します。Iconosquareは2016 1日まで無料で提供されていましたが、2月以降は有料サービスとなっています(「PLUS プラン」で年額28.8ドル)。ただし無料で7日間の試用が可能です。

最初に表示される分析画面([Overview])では、現在のフォロー数やフォロワー数、直近7日間でのフォロワーの変動([Last 7 Days])などが表示されます。さらに[Community] 画面からフォロワー数の長期的な推移が確認できます。

エンゲージメントに関しては、[Overview] 画面で最新の投稿と直近の15件の投稿に対 する [LOVE RATE](「いいね!」数/フォロワー数)、[TALK RATE] (コメント数/フォロ ワー数)、[SPREAD RATE](フォロワー以外からの「いいね!」数/フォロワー数)をオー バービューとして確認できるほか、「いいね!」数やコメント数の多い写真を一覧で確認 できます。

週に1回はこれらの情報を確認し、投稿ごとのエンゲージメントとフォロワーの増減か ら、どの施策(投稿やコメントなど)がどのような効果に結びついたかを考察していきましょう。「いつ、何をして、どのように指標が変化したか」という記録が、改善方法を考 えるベースとなっていきます。

ユーザーの移動時間かリラックスタイムを狙う

作業の見通しをつけ、運営チームを動きやすくするため、1週間に何件Instagramに投稿するか、いつ投稿するかの予定を決めましょう。投稿する件数は、最初は無理のないよう1~3日に1件程度として、徐々に増やしていく形でいいでしょう。重要なのは投稿のタイミングです。ターゲットとするユーザーによく見てもらえるタイミングに投稿できるよう、運営の体制を整えましょう。

投稿のタイミングは一般に「曜日×時間帯」で考え、ターゲットとするユーザーが投稿をよく見てくれそうな曜日と時間帯を考えます。例えばショップやレジャー施設ならば、 休日前の夜や休日の午前など、休日に何をしようか考えていそうな時間帯が効果的です。

よくわからない場合には、一般にSNSの利用が盛んになるピークタイムを狙ってみま す。具体的には平日の朝8時前後と夕方19時前後の通勤時、12時台のお昼休み、夜の21 時ごろから24時ごろまでの寝る前の時間です。移動の電車内や昼食前後の空き時間、寝る前の自宅でのリラックスタイムなど、多くの人がスマートフォンに触れている時間帯は、 投稿を見てもらえる可能性が高くなります。

Instagramには日時を指定して自動投稿できるツールがなく、投稿にはどうしても手動での操作が必要です。早朝や夜間に投稿するのは一般的な勤務時間の担当者には難しいですが、投稿作業だけを決めた時間帯に行うようにする工夫は考えられます。

ユーザーにアクションを起こす

コメントへの反応

質問や問い合わせには最優先で返信する

自社アカウントが人気となり、1つの投稿に何件もコメントが付くようになると、ほかのユーザーがコメントを書くための心理的なハードルが下がり、さらにコメントが増えやくなっていきます。

そのような状態になったら、がんばって1件ずつ返信していく必要もないでしょう。

ただし、書き込まれたコメントは必ず確認して、質問などが書き込まれたら、できるだけ早く返信しましょう。例えば店舗の新商品の写真を投稿したら、「今在庫はありますか?」「○○店で買えますか?」のような質問がされることもあります。特に、Instagramこゴアユーザーである若年層をターゲットとした店舗では、このような質問もカジュアル に行われると考えられます。

そのような場合、すぐに該当店舗の在庫を確認し、メンションを付けて返信できれば対応としてはベストです。相手が返信を確認してから店舗を訪れる間に売り切れてしまう可 能性もあるので、「現時点では~」「詳しくは店舗に直接お問い合わせください」などの一言を付け加えておきましょう。

このような質問をするユーザーは自社ブランドに強い関心を持っていて、ファンになっ てくれる可能性が高いです。少し手間がかかるかもしれませんが、丁寧に対応し、自社ブランドのファンを増やすきっかけにしてください。

まれに、コメントとしてクレームなどネガティブな内容が書き込まれることがあります。対応は慎重に、第三者に与える印象も考慮して行います。

クレームの対応は第三者の目を意識する

 

オープンに対応する姿勢が信頼につながるということを常に意識しておく必要があります。

Instagramに限りませんが、オープンにコミュニケーションできるSNSでは企業や商品、サービスに関するグレームが投稿のコメントに書き込まれることがあります。自社の問題が認められる指摘や非難には、真摯に対応するべきです。隠しておきたいような問題であっても、コメント欄できちんと対応することが、結果的には直接コメントした人以外の第三者を含め、ユーザーの信頼を得るベストな方法となります。

ただし内容によっては、Instagramの担当者だけでは対応できない場合もあります。広報や担当部署と連携して対策を立て、できるだけ時間を空けずに返信しましょう。

オープンな対応が基本ではありますが、込み入った内容の場合には、コメントの返信にユーザーサポート用のメールアドレスを記入し、メールでのコミュニケーションに移行 するのも一手です。

明らかに事実と反する、いわれのないクレームへの対応は難しいですが、「貴重なご意 見ありがとうございます」のような形式的な返信を行ってコメントを受け取ったことをお し、その後は返信しないようにすることをおすすめします。

なるべくオープンにした方がいいといっても、いわれのない内容なうえ強い が使われていたりして第三者に不快感を与えるようなコメントは、削除も検討しなく う。悪質なコメントを繰り返すユーザーがいる場合は「Instagramでの嫌がらせまたはいじめを報告」ページから報告して、Instagram社に対処を依頼できます。

自社アカウントの好みを決めてアクションを起こす

積極的にユーザーとコミュニケーションするとはいっても、実際にはやりにくいと感じる人も多いでしょう。誰彼かまわず誰彼かまわず「いいね!」やフォローをすればいいわけではありませんし、かといって「どのようなユーどのようなユーザーとコミュニケーションすればいいか?」を考えると悩んでしまうかもしれません。担当者個人とは違う企業のアカウントを1ユーザーとして動かすのは意外と難しいものです。

そのような場合は、自社アカウントに仮想の人格を設定して「いいね!」やフォローなどの基準とします。具体的にはアカウントの「好み」を決めてみましょう。事業に関連し、自社アカウントに興味を持ってくれるユーザーとつながれそうなテーマを考え、 「自社アカウントは、こういう写真が好きだ」という設定をします。 例えば、スイーツが自慢の喫茶店のアカウントで「ロールケーキが好きだ」と設定すれ ば、行動の基準ができます。ハッシュタグ「#ロールケーキ」で検索して、いい写真に「いいね!」してみましょう。

「好み」をことさらアピールする必要はありませんが、ほかのユーザーから見て、投稿された写真や「いいね!」の付け方から「このユーザーは、こういう人なのだな」という 一見した人となりが感じられることは大事です。「いいね!」したロールケーキの写真を投稿したユーザーが自社アカウントのプロフィール画面を見たとき、実際に店舗で提供して いるスイーツの写真が並んでいたら、興味を持ってくれる可能性は高くなります。

ユーザーへのアクションを自動化するツールを使う

いいねやフォローなどのユーザーへのアクションが自動化されるツールもあります。「DIGITAL PANDA」では、全国のSNSマーケティングを実施している企業を対象に、SNSマーケティングオートメーションサービスの提供を実施しており、多くの企業が利用しています。

以下のような課題を抱えている会社にはおすすめのサービスです!

・フォロワーをもっと増やして認知度を高めたい。

・いいねがもっとつくような写真や投稿をあげていきたい。

・フォロワーは増えたが、実際の集客につなげて行きたい。

DIGITAL PANDAでは、インスタグラム・ツイッターなど主要なサービスすべてに対応したサービスとなっております。また、単純に「フォロワーを増加させる」だけでなく、しっかりと「集客」や「購入」などのコンバージョンまでをサポートしているのが特徴です。

また、サービスを導入している企業向けに、無料でSNS専門家によるアカウントコンサルティングサービスを実施しているので専門家の意見を参考にすることができます。

ハッシュタグを有効に使う

人気ハッシュタグの探し方

投稿数の多い人気のハッシュタグを使うことは、誘導や関心増に効果を発揮します。人気のハッシュタグを見つける方法を身につけましょう。

そして実は誘導に効果的なハッシュタグは自分の近くで発見できるのです!

拡散機能を持たないInstagramでフォロワー以外に写真を届けるため、最も役に立つ要素がハッシュタグです。誘導に効果的なハッシュタグをできるだけ多く付けて投稿を見てもらう機会を増やしたり、共通のハッシュタグを使うユーザーとつながる機会を増やしたりすることは、Instagramアカウント運営のキモだといえます。

誘導に効果的なハッシュタグとは、具体的には「自社アカウントの投稿に興味を持って くれそうなユーザーが、よく検索しているハッシュタグ」です。単純にそのハッシュタグ での投稿が多いことも大事ですが、実際に検索時に入力されたり、投稿のキャプションの 中でタップされたりして検索されているハッシュタグが、もっとも誘導に効果的です。

そのようなハッシュタグは、意外と近くで見つかるものです。具体的には「フィードを よく見る」という地道な取り組みが効いてきます。自社アカウントの「好み」に即してフォ ローしてきた何人ものユーザーが、最近共通してよく使っているハッシュタグはないで しょうか? ちょっと気になる「#○○部」が立ち上がっていたりするかもしれません。 フォロワー増を目指す運営担当者は、フィードの写真だけでなくキャプションもよく見 *スになるハッシュタグは、必ず実際にタップして検索結果を見てください。そこから意外な世界(思いもしなかったようなテーマの投稿)が見つかることもあります。自社アカウントでもそのハッシュタグを使った写真を投稿してみるといいでしょう。

ほかの企業やユーザーグループのアカウントがキャンペーンの告知をしているのを見つけたら、便乗して参加してみるのもいいかもしれません。 そこから新しいユーザー層の誘導も狙えます。

 

フィードの写真を見る以外に、検索画面で表示される最新投稿・人気投稿も参考になります。

最新投稿・人気投稿は、フィードで見ている写真とテーマや人のつながりにおける 関連性があり、人気の高い投稿を見られる場です。ここでは自分が「いいね!」した写真 やフォローしているユーザーが「いいね!」した写真のデータからおすすめの投稿が表示されたり、「世界で人気のアイテム」として人気の高い投稿が表示されたりします。気になる投稿を見て、どのようなハッシュタグが使われているかを調べましょう。画面を下にフリックすることで一覧が更新され、違った傾向の写真を探すことも簡単にできます。

ハッシュタグを10個以上つける

■ハッシュタグが多いほど「いいね!」も増える傾向がある

ハッシュタグは多くのユーザーに写真を届けるために欠かせないものです。できるだけ多く付けることで、反応を増やすことができます。

拡散機能を持たないInstagramでほかのユーザーとのつながりを持ったり、過去にかりやすくしたりするためには、ハッシュタグが重要になります。企業アカウントもハッシュタグを活用して表現しましょう。

キャプションが長すぎることは歓迎されませんが、ハッシュタグが増えた結果キャプションが長くなっても、ネガティブに捉えられることはありません。

キャプションの場合 は「読まなければ」と感じさせてしまいますが、キャプションの最後にまとめて書き込まれたハッシュタグは、興味のないユーザーは読み飛ばすことができます。

米国では、Instagramにおけるハッシュタグの数ごとのユーザーの反応を調査したとこ ろ、0~10個の投稿よりも11個以上付けた投稿の方が反応が多かったという報告もありま す。

Instagram分析サービス「Aista」を利用した分析結果でも、ハッシュタグが多いほど「いいね!」数が多くなる傾向が見られます。ハッシュタグが多いほど、多くのユーザーに見られるようになるためでしょう。投稿にはできれば10個、最低でも5個はハッシュタグを付けるようにしましょう。

ハッシュタグをつける時の注意点

Instagramのハッシュタグには、次のルールがあります。入力ミスをしないように覚えておきましょう。

・先頭に「#」を入力する ・日本語、英字、数字が混在していてもOK ・ハイフン(-)、アンダーバー(_)などの記号は利用できない ・ハッシュタグの前後は半角スペースで空ける

・ハッシュタグの途中に半角スペースは入力できない

1 2