パンダメディアラボ編集部

東京オリンピックで写真撮影やSNS投稿はNG!?

 

東京オリンピックの開催もあと1年を切りました。

現地観戦したい、テレビで見ようかな、ニュースのまとめだけ見ればいいや等オリンピックの見方対して様々な方法があります。

その中で注目しているのがSNSです。

SNSを通して現地の雰囲気を知りたい方も多いでしょうし、「インスタ映えの写真を撮りたい!!」と張り切って観戦に行かれる方もいらっしゃると思います。

ところが今大会、会場での写真・動画のSNSへのアップが禁止されていることはご存知でしたか?

SNSの投稿はOKなの?

チケット保有者が会場で写真・動画の撮影は可能なのかどうかIOCの規約を確認してみましょう。

IOC規約33条3

チケットの保有者は、会場内において、写真、動画を撮影し、音声を録音することができます。また、チケット保有者は、ICOが、これらのコンテンツに係る知的財産権(著作権法第27条および第28条の権利を含みます。)に、ついてチケットの保有者もしくはその代理人に対する金銭の支払いや、これらの者から別途許諾を要することなく、単独で権利を保有することに同意し、さらにチケット保有者は、これらのコンテンツについて保有する一切の権利(著作権法第27条および第28条の権利を含みます。)をIOCに移転するとともに、その著作者人格権を行使しないことに同意します。

引用:https://ticket.tokyo2020.org/Home/TicketTerm

これによれば、会場内での写真の撮影、動画の撮影は許可されています。

ですが、以下の内容に続きます。

IOC規約33条4

IOCは、前項を前提としたうえで、チケット保有者が会場内で撮影・録音したコンテンツを個人的、私的、非営利的かつ非宣伝目的のために利用することができる制限的かつ取消可能な権利を、チケット保有者に対して許諾します。ただし、チケット保有者は、会場内で撮影または録音された動画および音声については、IOCの事前許可なく、テレビ、ラジオ、インターネット(ソーシャルメディアやライブストリーミングなどを含みます。)その他の電子的なメディア(既に存在するものに限らず将来新たな技術により開発されるものを含みます。)において配信、配布(その他第三者への提供行為を含みます。)することはできません。

引用:https://ticket.tokyo2020.org/Home/TicketTerm

 

会場内での撮影は許可されているものの、テレビ、ラジオ、インターネットに公開してはいけない決まりになっていました。

1 2