パンダメディアラボ編集部

東京オリンピックで写真撮影やSNS投稿はNG!?

 

東京オリンピックの開催もあと1年を切りました。

現地観戦したい、テレビで見ようかな、ニュースのまとめだけ見ればいいや等オリンピックの見方対して様々な方法があります。

その中で注目しているのがSNSです。

SNSを通して現地の雰囲気を知りたい方も多いでしょうし、「インスタ映えの写真を撮りたい!!」と張り切って観戦に行かれる方もいらっしゃると思います。

ところが今大会、会場での写真・動画のSNSへのアップが禁止されていることはご存知でしたか?

SNSの投稿はOKなの?

チケット保有者が会場で写真・動画の撮影は可能なのかどうかIOCの規約を確認してみましょう。

IOC規約33条3

チケットの保有者は、会場内において、写真、動画を撮影し、音声を録音することができます。また、チケット保有者は、ICOが、これらのコンテンツに係る知的財産権(著作権法第27条および第28条の権利を含みます。)に、ついてチケットの保有者もしくはその代理人に対する金銭の支払いや、これらの者から別途許諾を要することなく、単独で権利を保有することに同意し、さらにチケット保有者は、これらのコンテンツについて保有する一切の権利(著作権法第27条および第28条の権利を含みます。)をIOCに移転するとともに、その著作者人格権を行使しないことに同意します。

引用:https://ticket.tokyo2020.org/Home/TicketTerm

これによれば、会場内での写真の撮影、動画の撮影は許可されています。

ですが、以下の内容に続きます。

IOC規約33条4

IOCは、前項を前提としたうえで、チケット保有者が会場内で撮影・録音したコンテンツを個人的、私的、非営利的かつ非宣伝目的のために利用することができる制限的かつ取消可能な権利を、チケット保有者に対して許諾します。ただし、チケット保有者は、会場内で撮影または録音された動画および音声については、IOCの事前許可なく、テレビ、ラジオ、インターネット(ソーシャルメディアやライブストリーミングなどを含みます。)その他の電子的なメディア(既に存在するものに限らず将来新たな技術により開発されるものを含みます。)において配信、配布(その他第三者への提供行為を含みます。)することはできません。

引用:https://ticket.tokyo2020.org/Home/TicketTerm

 

会場内での撮影は許可されているものの、テレビ、ラジオ、インターネットに公開してはいけない決まりになっていました。

「こんなルール知らないよ!」という方には残念ですが。チケット購入時に同意している内容となっています。

また、知的財産保有に関する決まりもあるためオリンピックのエンブレム、オリンピックシンボル(5つの輪)、大会マスコットキャラクター、大会画像、JOCスローガン等も公式スポンサー以外の使用は営利目的とみなされるため、NGとされています。

規制の理由は?

SNSがこんなにも流行っている中、何故厳しく規制されているのでしょうか?

2016年に開催された、リオオリンピックではスポンサー以外の企業が当オリンピックについてSNSでつぶやくことが禁止されました。

オリンピック委員会のTwitterの発言をリツイート、シェアすることも制限され「#Rio2016」といったハッシュタグの使用もNGとなりました。

この意図としては、巨額の放映権を支払っているテレビ局やスポンサーの権利を守りたいということなのでしょう。今回の東京オリンピックに関する、テレビ、ラジオ、インターネットの規制の理由は公にはなっていませんが、上記と同じ理由が妥当だと考えられます。

投稿するとどうなるの?

こちらも規約にしっかりと記載がありました。

IOC規約44条(チケットの無効化)

1.東京2020チケット規約に違反して取得、譲渡、転売の申出もしくは広告または使用されたチケットは払い戻すことなく無効となり。そのチケットにより認められ、また表象される権利は、すべて効力を失います。無効となったチケットによって入場し、セッションを閲覧することはできません。

2.当法人は東京2020大会組織委員会公式サイト・サービス利用規約(https://id.tokyo2020.org/terms/ja/index.html)に定めるところによりチケット購入者のTOKYO2020ID利用資格を取り消すことがあります。この場合には、当該チケット購入者が購入したチケットは、そのチケットのチケット保有者が誰であれ、すべて無効となります。

3.無効となったチケットが当法人の発行する紙チケットである場合にはチケット保有者は、当法人の求めに応じて、無効となったチケットを当法人に対して速やかに返還しなければなりません。

引用:https://ticket.tokyo2020.org/Home/TicketTerm

 

投稿がバレてしまった場合は、TOKYO2020IDの使用ができなくなる他、せっかく取ったチケットが無効になってしまうため、その場で退場させられる恐れもあります。

どうしてもSNSに写真や動画をアップしたいという方は撮影禁止区域外で撮影したものを利用するのが良いでしょう。但し、最低限のマナーは守りましょうね。